スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予備校の利用とか

第1 予備校の利用

 受験生がロースクール・自習以外で勉強の場を求めるとき、選択の対象としては、大まかに①TKC模試、②基礎講座、③短答答練、④短答講座、⑤論文答練、⑥論文講座、⑦直前期の全国模試が考えられます。
私は、「①+③(辰己短答オープン第1・2)+⑦(辰己全国模試)」を利用しました。
自分の周りをみると、以前の記事で書いた刑事系のスペシャリストは、「①~③+⑦」、超上位合格者は「①+③~⑦」や「①~⑦」、上位で合格した人は、「①、③、⑤、⑦」、「①~③+⑤~⑦」、「①、③、⑤~⑦」などで、中には「①のみ」、「①+⑦」という人も結構います。
②については、ロー入学以前に受講していた場合も含みます。

 このように対策は個人個人で異なるため、一般的に予備校を利用したら受かりやすいとか、利用しなかったら合格が遠のくということは全くないと思いますが、試験のコツ(時間配分や答案の視点など)をつかむあるいはそのきっかけを得るという面では、自分でやるよりも早いということがあるかもしれません。また、他人の話をきいてはじめて自分の誤解に気付いたり、疑問のもやもやが晴れたりすることは多いですから、受験対策を本業としている人々の話であればよりそういう機会が多いかもしれません。

 どうも、ローにいると、予備校は敵だというような風潮がありますが、どれだけ積極的にローでの勉強に臨んでも、試験対策に関してはローだけではどうにもならない部分が確実にあります(積極的にフォローしてくれる環境があるならまだしも、そうでない場合)。プロセスがなんだかんだいっても、結局、「ロースクールでの学習成果をみる」という司法試験は、「膨大な試験範囲から出題され、5日にわたり、厳しい時間制限下で短答・論文の問題を解かなければならず、短答を突破していても、使いにくい六法のみ参照可の状況において行われる、一発勝負のペーパー試験(初見の長文問題)で点を取らなければ合格できない試験」なんです。
 そこには、それ以外の要素、たとえば、法律論文・文献のリサーチ力も、数日かけて練り上げたレポートによる評価も、ソクラテスメソッドによる議論における様子(平常点)も、インターン・エクスターンでの評価も反映される余地は全くありません。司法試験は、受験生の力のほんの一部分をためす試験でしかないんです。
(ですから、たとえ残念な結果となってしまったとしても、その人のやってきた勉強のすべてがダメとか、その人が優秀でないとかいうわけではないことは明らかです。)

 しかし、試験制度にいくら文句を言っても、その試験を突破できなければ法曹資格は得られないわけですから、試験突破に照準を合わせた勉強を行わなければなりません。こっちは限られた期間で、自分の力を司法試験合格に向けてカスタマイズしなければならないのですから、悠長に足りない部分を埋める手段が予備校だから良い悪いとか議論している暇はありません。自分にとって合格のために必要と判断した以上、ローだろうが予備校だろうが使う。それだけです。

 予備校利用で一つだけ気をつけることがあるとすれば、利用することに決めたら主体的にかつ徹底的にやるということでしょうか。受け身でとりあえず通うというスタンスでは、時間の無駄ですし、消化不良で徹底的にできないのであれば、効率性を求めたはずが逆効果になってしまいます。
 ごくごくあたりまえのことですが、「情報を集め、取捨選択して、メリット・デメリットを判断し、決断し、実行する。」をすべて自分主体でやることが大切だと私は思います。

なお、念のためにアップロードファイル、私はローを否定するつもりはありません。素晴らしい授業をいくつも受けることができましたし、一流の教授・実務家、普通なら机を並べることのなかったであろう様々な人との出会い・交流など、極めて貴重で意味のある3年間を過ごすことができてよかったと思っています。上述の意見はあくまで、点を取るための純粋な試験対策という面だけで見た場合のことを言っています。 




第2 予備校関係の教材、法律雑誌

 私が使ったのは、①辰己LIVE本(憲法、民法(2冊)、刑法、刑訴、民訴)+辰己ハイローヤー記載のLIVE本の続き(旧司H17、18)、②旧司・新司の再現答案(雑誌掲載のもの、本となっているもの問わずたくさん)、③旧司択一過去問(民法、WセミナーとTAC)、旧司論文過去問(行政法以外、Wセミナー)、④Wセミナーの雑誌アーティクル添付の論点表、⑤合格体験記(無料のもの、ブックオフで100円で買ったもの)、⑥予備校講師が書いた勉強法関係の書籍複数(すべてブックオフで100円で買ったもの)です。
※⑤と⑥は、息抜きがてら読むという位置づけ。

 雑誌・冊子関連で学校の図書館で意識的に目を通していたのは、「受験新報」、「ハイローヤー」、「アーティクル」、「法学教室」、「法学セミナー」、「法曹時報」です。何か調べものがあって図書館に行くときや最新号が入ったころに休憩時間を利用して見てました。いままで法律雑誌はほとんど見たことがないという人も、これらの雑誌は読んでいて楽しいし、試験対策に直結する発見も多いのでおすすめです(「使用教材」の記事にあるように、私はかなり法教と法セミの連載を利用しました)。法学教室あたりについては、周りに定期購読をしている人もたくさんいると思うので、ちょっと貸してもらって見てみるとよいかもしれません。必ず読まなきゃいけない、と思うとノルマのようになって苦痛を伴いますから、息抜きくらいの位置づけがちょうどよいのかなと思います。

なお、判例時報、判例タイムズ、ジュリストなどの雑誌は読んでいて(私は)眠くなってしまい、休憩には向いていないと思い、ほとんど見てません。本当はこっちをメインに読み込むべきなんだろうけど笑
スポンサーサイト

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

09 | 2009/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。