スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手法律事務所への就職活動

個別訪問での面接対策として実践したこと等をお話します。
ローの同級生(社会人経験者)のアドバイスがとても役立ったので,私自身の経験も交えて,要約してお伝えします。


面接は,学歴,成績(GPA)といった過去の成績等の形式面は十分に書類で審査し,絞りきった上で,それ以外の面を見るものです。

第1 コミュニケーション能力
事務所側にとって何よりも重要なのは,一緒に働くことになる上でのコミュニケーション能力です。
法曹固有のものとして求められるというより、社会人として必須の能力として求められるものです。
大手の事務所ほど,チームでする仕事が基本となるので,事務所側から見て,一緒に仕事をしやすいタイプかどうかが重要になります。たとえば,相手の説明・見解にただ相槌打つだけでなく、それを受け止めた上で,自己の考えを主張できるかなどが見られます。

第2 志望度
ホームページの情報や事務所説明会程度で伝え聞いた情報から,直ちに,「御事務所が第1希望です」といった主張をしてはいけません。なぜなら,不自然だからです。
各事務所のホームページの情報だけから,希望を絞れますか?
どれも同じようなことが書いてあって,ふつうは絞れないはずです。

まずは、志望している事務所が,自分の働きたい環境と「カテゴリー(たとえば,四大,準大手,外資)として合致している」ことを伝えることが大切です。
自分は,どういう趣旨,理解から,そのカテゴリーの事務所で働きたいのか,自分の目指す法曹像との合致を合理的に説明することが必要となります。
たとえば,既に説明会等で弁護士との接触あったのなら,そこで出会った弁護士の印象=自分の働きたいという事務所像との合致を述べた上で,面接する特定事務所がカテゴリーとしてだけでなく,更に個別的にも自己の志望と合致しているという主張をするといったことが考えられます。

私は,自分の話をきちんと聞いてくれる事務所に行きたいと思っていましたので,飾らずに,思うところを率直に述べるように心がけました。面接の場ですら自分の意見に耳を傾けてくれないような事務所では,入所してからも,不満を感じる場面が多いと思ったからです。
もし,思うところを述べて採用されないのならば,その事務所とは縁がなかったと思えばよい,と割り切っていました。
こんな質問をしたら印象が悪いのではないか・・・などと悩む必要はないと思います。


第3 質問
質問を用意しましょう。
当該事務所に対する興味の度合いは,往々にして質問の有無によって決まるものです。
疑問に思ったところは聞くという姿勢を見せることが大事だと思います。
弁護士事務所の場合,普通の会社と違って,採用担当の人事部や役員が面接をするのではなく,本職は弁護士の人による面接が基本なので(たしかに,面接の数こなしてる人は多いと思われるけれども,),向こうからの質問も早々に,「何か質問はありますか?」と聞かれることが多いです。
そのときのために,こちらから,時間つぶしの質問でなく、自分の希望する事務所像との合致の有無を知りたがっていることが分かるような質問を用意しておくと役立ちます。
ここでは,本当に疑問に思うこと,知りたいと思うことをぶつけるべきです。自分のキャリアのスタートなのですから,遠慮する必要はありません。後悔しないためにも積極的に質問するべきだと思います。

第4 併願状況
他の事務所へのエントリー及び選考過程の進行状況は基本的に正直に話しましょう。
当該事務所の面接では,自分がどういうカテゴリーの事務所に行きたいと思っているのかを述べるわけですから,そのカテゴリーに合致する他の事務所に就活していることは,自然なことです。また,当該事務所に入りたいという気持ちの裏付けにもなるべきものであって,逆に他の事務所に就活をしていないことは不自然に映ります。
他の事務所からも評価される人材であるということは,マイナスではなく,むしろプラスに働く要素です。

第5 本決まりの感触を得たら
オファー受諾の意思を自分の中で確認する要素が強まります。
あらかじめ,どういう基準で事務所を選ぶのかをはっきりとさせておく必要があります。

第1志望の事務所について次回の面接があるならば,そこでは何よりも「オファーを貰えたら是非入りたい」旨を伝える必要がありますし,今まで主張してきたカテゴリーとしての合致を具体化させて主張することが必要になります。
すなわち,いままで出会ったアソシエイトやパートナーから具体的にどういう印象を受けたか,面接でのやり取りを経て,カテゴリーとの一致が具体的にどのように確信できたか等,カテゴリーの一致までだったものが、当該事務所への一致に変わったのだと伝えることが求められます。

・・・・・・・・・・・・

結局のところ,入ってみないと分からないのが当然です。
どれだけ事前に情報を得たと自分は思っていても,実際のところ,すべては想像の産物なのです。
自分のやりたいことや適性が正確に把握できていないことは,普通のことだと思います。
事務所から受けた印象,直感を大切にした方が良いと私は思っています。
スポンサーサイト

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

05 | 2010/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。