任官,任検

任官、任検を考えている方へ。

近年は、任官・任検ともに人気が高く、狭き門となっています。どちらも想像以上に厳しいと思っていた方がよいです。なお、任官するにせよ、任検するにせよ、集合修習に入るころまでには,現在持っている弁護士事務所の内定を断る必要があるので、任官・任検組は、背水の陣で集合修習・二回試験を迎えることになります(起案で大ミスをすると肩たたきに合うこともあるため)。

第1 任官(=裁判官)
修習生採用選考の身上報告書や修習の開始時のアンケートなどで任官希望を表明した上で(途中で教官に任官希望を伝えたり、任官の誘いを受けてから表明したりすることもあります。)、まずもって研修所の起案を頑張りましょう。①導入起案(民事裁判、刑事裁判),②問研起案(民事裁判、刑事裁判)のいずれもで好成績(各クールで1ケタ順位)を取ることが望ましいです。※いずれかで大きくコケると挽回は厳しくなります。配属部(刑事部,民事部)での修習も頑張りましょう。実務庁での評価も極めて大切です。指導官に任官希望である旨を伝えて積極的に修習するとよいと思います。起案の内容はもちろん、傍聴を終えて裁判官室に戻った後の質疑応答の様子、普段の様子等総合的に評価されています。

和光に戻った後の集合修習における起案も頑張りましょう(原則として、平均B評価以上=上位1/3以上。なお、評価はABCDEの5段階。)。

もちろん二回試験も頑張りましょう。なお、司法試験の成績の扱いは参考程度だと思います。ただ、私の周りの任官組あるいは任官の声が掛かった人達をみると、幅はありますが、総合で上位10%程度(500番以内)には収まっているという感じです。

※教官から、裁判官を志望することについてOKが出た場合には、集合開始後間もなく、判事補採用の願書を受け取り志願することになります。教官からOKが出ていない場合でも願書自体は出すことが可能ですが、任官は事実上不可能です。また、志望OKが出ていても、集合修習での起案の成績が振るわない場合には肩たたきがあります。

第2 任検(=検察官)
任検希望を表明した上で(志望度は高いほどよいと思う)、なによりも検察修習を頑張ってください。検察の場合は、少なくとも「検察も進路の一つに考えている」人でないと向こうからの誘いはないようです(裁判官の場合は、当初の任官希望の有無にかかわらず、見込まれた人には誘いがあります。ただ、この点については、修習地・指導官・教官による差があるかもしれません。)。「報連相を徹底して、迅速かつ正確」にテキパキと捜査をこなしましょう。補充捜査、取調べ、決裁、全てが見られています。

全国一斉検察起案(原則としてA。評価はABCの三段階。)と刑裁修習も頑張りましょう。集合修習での起案や二回試験も任官組ほどではないにせよ頑張りましょう。特に検察科目。また、キャラも大切だと思います。検事や検察教官と飲み会等を通じて交流を深めておくと、いいことがあるかも知れません。

※実務庁からの推薦に加えて、教官から検事になることについての推薦が取れた場合には、集合開始後間もなく、検事採用の願書を受け取り志願することになります。推薦が取れている場合には、検察科目の起案がよほど悪くない限り、任検できるようです。

任官・任検を進路の1つに考えている人は、なるべく早いうちから、志望割合はともかく、「進路として考えていること」を積極的に表明した方が良いです。また、任官あるいは任検しか考えていないという人も、弁護士事務所の就職活動をしておいたほうがいいです。いくら熱意とやる気があっても必ずしも任官・任検できるとは限らないので、そのリスクヘッジのためというのはもちろん、どのような事務所から内定を得ているかという点が(特に任官の)参考資料になっていると考えられるからです。弁護士事務所への就職活動をしないまま任官・任検希望一本で行くと、本人の意思に反して思わぬところで肩たたきにあった場合,大変なことになります。同期でも何人か見てきましたが本当に大変です。弁護士志望の場合はもちろん、裁判官、検察官志望の場合にも、弁護士事務所への就職活動をしておくことは必須だと思います。

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

07 | 2010/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

maso

Author:maso
司法試験合格に向けた本質的勉強法を綴ります。

主要な記事は「目次」(リンク済)からご覧くださいニコニコマーク

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
maso on Twitter
リンク