合格発表

あと数日で第5回新司法試験の合格発表ですね

発表を待つ立場にある友人や知り合いの話を聞いていると、去年のことが鮮やかに思い出されます。

発表が近付いてくると不安が高まってくるのはもちろん、当日は時間が過ぎるのが異様に遅く感じました。どんなことがあっても発表会場に行って合否を確かめるということは決めていたのですが、いざ自宅を出て電車に乗ると、手は汗ばみ、全く落ち着きませんでした。

夕日が照りつける16:30ころ霞ヶ関に降り立つと、新司受験生らしき集団(3~4名)が、泣きはらした1人を囲んで励ましの声を掛けていました。

その横を足早に通り過ぎて発表会場に向かうと、合格者と思われる人たちが満面の笑みで合格者向けのチラシ等を受け取っている姿が見え、その中にはロースクールの同期の姿もありました。

掲示板に近づくにつれ、胸の鼓動は一気に高まり、一歩一歩踏み出す脚がわずかに震えるのが分かります。

人波をかきわけて発表会場に着くと、合格者の受験番号が書かれた白い巨大な掲示板と受験票を握りしめた多くの受験生が目に入りました。テレビ局のインタビューを受けている人、どこかに電話をしている人,泣き崩れている人,抱き合っている人,様々です。

掲示板の前に立ち、かばんの中から受験票を取り出して、深呼吸して一拍置いた後、掲示板をゆっくりと見上げました。

<受験会場・東京、受験番号0××××>

0×××6
0×××7
0×××9
・・・
0××13
・・・
・・
0××××!!!あった!!あった!!!

手元の受験票と何度も見比べて間違いのないことを確認して、人目もはばからず渾身のガッツポーズをしたのを覚えています

すぐに実家に電話をして家族の声を聞くと、嬉しさがこみ上げてくると同時に、安堵感で胸がいっぱいになり、掲示板の自分の受験番号は滲んで見えました。

合格した同期とひとしきり喜びを分かち合った後、仕事を終えて駆けつけてくれた昔からの友人たちが銀座で祝ってくれました。あの夜の日本酒の味を忘れることはないと思います。

翌日起きてインターネットで実名が出ていることを聞き、確認して,同期からの合格報告メールに返信していると、次第に合格の実感が沸いてきました。

過ぎてしまえば1つの思い出ですが,一生の思い出にする価値のある1日でした。

今年受験されたみなさまの合格を心から願っています

当ブログにも合格のご報告、お待ちしております

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

08 | 2010/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

maso

Author:maso
司法試験合格に向けた本質的勉強法を綴ります。

主要な記事は「目次」(リンク済)からご覧くださいニコニコマーク

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
maso on Twitter
リンク