スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【特別連載・科目別に気をつけるポイント・民事訴訟法】byN氏

民事訴訟法について。

※特別連載の説明,目次は「こちら

(1)科目特性
①民法と同様,要件事実的な整理が必要。その上で,証拠構造を確認する。証拠構造の理解が聞かれることが多い。
②これも民法と同様,訴訟物,当事者,時系列での整理が必要。特に訴訟物に関しては,誘導の中で指摘され始めている(2009,2010)。
③民訴はかなり毎年難易度が高い問題が出題される。そのため,基本的概念の理解が必要。しつこいくらい出題の趣旨等で「基本的概念の理解」といわれている。(2006は共同訴訟,2009は訴訟物,訴えの利益,既判力)
基本的概念の理解を表現するためには,「定義」「原理・原則」をきちんと書くことが必要。そこから論理的に演繹していく。
④民事訴訟は「あてはめ」が難しい。

(2)注意リスト
① 条文・定義・根拠からの論証を心掛ける。
② 原理原則を具体的事案に照らした時に生じる不利益をどのように修正していくか,という視点(具体的事案への適用)
③ あてはめを具体的に!
④ 主張→反論→再反論の流れで,主張をもっとも厚く。問題の所在を明らかにしながら書く。主張が弱い議論は説得的でない。
⑤ 民訴も訴訟物から考えるのが重要。もちろん,当事者・時系列も。
⑥ 「事実」ときたら,「主要事実」「間接事実」「補助事実」のいずれに当たるのかについて検討する。
⑦ 「訴えの取り下げの合意」と「訴えの取り下げ」は異なる視点での検討が必要なように,事実に気を配る。
⑧ 論理的一貫性のある記述をする。ぐちゃぐちゃにならない,混乱しない。

(3)参考
定義集及び解析民訴のまとめを作成しましたが,大量になるが故,ここに添付するのは差し控えます。


スポンサーサイト

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

09 | 2010/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。