集合修習最終日

今日で集合修習の起案・講義等が全て終了しました。
研修所の教室にクラスが一同に会するのもこれで最後かと思うと、感慨深いものがありました。

最終日は、民裁,刑裁,検察,民弁,刑弁の最終講義が行われ、各教官から、二回試験の注意事項が伝えられ、修習生へのはなむけの言葉もいただきました。
どの教官のメッセージにも深みがあって、心に響きました。
ここで逐一紹介したいのですが、みなさんが修習生になったときの楽しみに取っておいた方がよいと思いますので、控えておきます

裁判官、検察官、弁護士それぞれの立場にある教官からのメッセージでしたが、私には同じことを伝えようとしているように感じました

これから先は、1人の法曹として自立し、責任を負い、周囲の助けを借りつつも自分の足で歩んでいかなければなりません。

私も一歩一歩を確かめつつ、時には立ち止まり考えて悩みながら、着実に前へ進んで行きたいと思います。そして、複眼的に、俯瞰的に、柔軟に事案を捉えることができ、依頼者はもちろん、仲間内からも信頼されるような弁護士になりたいです。
・信念を持ち、常に最善を尽くすこと
・事実を元に、法を武器に、理を語ること
を忘れないようにしたいと思います。

いよいよ明後日から二回試験が始まります。
1年間の司法修習の集大成として、有終の美を飾れるようにがんばってきます

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

10 | 2010/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

maso

Author:maso
司法試験合格に向けた本質的勉強法を綴ります。

主要な記事は「目次」(リンク済)からご覧くださいニコニコマーク

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
maso on Twitter
リンク