スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起案対策の付録(刑事系科目起案・刑事弁護)

3 刑事弁護

(1)何を勉強すればよいか

起案のルールについては,集合修習開始時に配布される「弁論要旨等起案のルール」の内容に目を通しておけばよいです。内容面については,「刑事弁護実務」の白表紙を読み込みましょう。特に供述の信用性判断については,メルクマールを正確に覚えることと各要素内で議論すべき対象を理解することいずれも大切です。先輩修習生の力を借りる場合には,「刑事弁護起案バントマニュアル改訂版」がよく整理されていておすすめです。

(2)起案のポイント

【大前提としての起案のスタンス】
被告人は無罪(or一部無罪)である。被告人の言い分はすべて真実である。 
証拠を引用しないものは,弁論とはみなされない。証拠を細かく拾って,何が認定でき,何がどこまで推認できるかを書く。同じことを言っている箇所でも,証拠をとにかく引用すること。
※文章の内容よりも明確にメルクマールを出すことの方が大切。
アルファベットの略称は,絶対にダメ。定義をしても書いてはいけない。
※一般論ではなく,当該事案に則した経験則(推認)を使うこと。
被告人に不利な証拠から絶対に逃げない。
※被告人の行動(目線)から,時系列に沿って書いていく。
※検察官立証の構造を破壊すればよい。
※「〇枚程度で」ときたら,多少超えてもよい。
※「〇枚以内で」ときたら,超えないように。その枚数で十分な問題として作られている。

【記録の読み方】
①起訴状   
→ 公訴事実チェック
②公判調書  
→ 被告人の言い分(罪状認否),弁論要旨の日付チェック(次の公判期日)
③証拠等関係カード 
→ 証拠物・証拠書類の認否,立証趣旨チェック。
→ Pは,第1回請求証拠で有罪となる証拠を固めるので,第1回公判期日に請求された証拠は要チェック。立証構造の核が見える。
→ Bが不同意にした証拠をチェック。
④記録目録     
→ 検察官申請の証人をチェック。
⑤被告人の供述

P起案と同様,P調書で問答が取られていたら,注意して読む。当該個所は,PがA等の供述の信用性を疑っているところ,すなわち,立証困難と考えている箇所である。


【書式】
※弁論要旨の一部起案なので,覚える必要はないが,頭の中で地図的に思い浮かべられると答案構成が楽。

第1 総論
第2 被告人員面調書,検面調書,公判供述以外の証拠
1 証拠能力
  ※刑事訴訟規則207条に基づく証拠排除申立
2 信用性
第3 被告人員面調書,検面調書
1 証拠能力
※自白の任意性,刑事訴訟規則207条に基づく証拠排除申立
※取調官が証人喚問されているときはこれを疑う。
※使う証拠は,「AQ」と「取調官Q」。
※虚偽排除説で書く。
2 自白の信用性
第4 アリバイ
※積極的な事実(アナザーストーリーの主張)
(第5 情状)
 ※認定落ち弁論のケースでのみ主張
 ※犯情と一般情状を分けた上で,寛大な判決を求める。
第〇 結論


 
【信用性判断の重要メルクマールなど】

1 [自白]

[任意性の争い方]
①事情と自白との因果関係
②Pの反論とその弾劾
③刑訴規則207条
 を書くこと。
※必ず時系列順に検討し(証拠番号順ではない),取調官Qは,第三者供述のメルクマールで検討する。
※「刑事弁護実務」の白表紙において,任意性が問題となるとされている「違法な手続下での自白」,「不法な取り調べの下の自白」については,その要素を覚えること。
※検察官の遮断義務違反については,判例が挙げる以下のメルクマールで書く。
 ア 日時の間隔
 イ 取調べの場所
 ウ 身柄拘束の有無
 エ 捜査に関与した者の立会の有無
 オ 被告人の性格,健康,心理状態

[信用性の争い方]
 ア 弾劾対象となる自白を特定する(抜き書き+証拠引用)
  ※複数回自白しているときは,1回分を抜き書きした上で,他の自白については証拠引用のみ
 イ 刑弁実務p313のメルクマールに沿って忠実に書く
 ①客観的証拠との整合性
 ②自白をなすに至った経緯・動機等
 ③自白内容の変遷
 ④自白内容の合理性
 ⑤秘密の暴露の有無
※刑弁の記録には,秘密の暴露はありえないので,それっぽいものが出てきたときには秘密の暴露ではないということの論証を丁寧にしてやること。
※「秘密の暴露とは,予め捜査官の知りえなかった事項で,捜査の結果客観的事実であると確認されたものをいう」
   
2 [第三者供述]
①客観的証拠との整合性
②供述に至る経緯・動機等
③供述内容の変遷
④供述内容の合理性
⑤虚偽供述の動機等

3 [犯人目撃・識別供述]
①観察の正確性
・客観的観察条件
・主観的観察条件
・既知証人か
・顕著な特徴を挙げているか
②記憶とその保持の正確性
・再認同定までの期間の長短
・初期供述・初期選別の重要性
③犯人選別手続の正確性
・写真面割
・面通し
④犯人識別供述の変遷・詳細化
⑤補強証拠・他の証拠との関係

【情況証拠からの弁論の重要メルクマールなど】

1 [殺意]
・創傷の部位
・創傷の程度
・凶器の種類
・凶器の用法
・動機の有無
・犯行前・中・後の行動

2 [共謀]
・謀議行為その他の意思疎通行為
・役割分担・犯行への寄与
・犯行後の行為
・被告人と共犯者の関係
・動機

※共謀を聞かれたら,上記メルクマールに沿って書く。
※謀議行為その他の意思疎通行為については,
 ①意思疎通の機会・場所
 ②意思疎通の方法(明示・黙示)
の視点から切り分けて,時系列に沿って考えていく。

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

11 | 2010/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士(63期)。いわゆる大手渉外法律事務所で働いています。

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。