スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3クール

昨日で第2クールが終わって,今日から第3クールです。

第2クールは,第1クール以上に時間が過ぎるのが早かったように思います。
4ヶ月間修習をして,特に手続法がよく分かるようになりました。

第3クールも引き続きがんばっていきたいと思います

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして☆

いつも拝見させて頂いております、ジダンと申します。
一つ質問をしてもいいですか?

私は来月新司法試験を受けるのですが、筆記量があまり多くなく、6枚目くらいまでしか書けません。
ただ、楔型文字のような乱れた文字を並べれば、問題文の事実をくまなく拾いかつ評価して、7枚いっぱいか、8枚半ばまで書けます。
もっとも、汚い字を並べてしまうと、採点官の印象が悪くなってしまうかも・・・と心配しています。

MASOさんは、去年の本試験で平均7ページ以上書かれていますよね。
筆記量が多くむっちゃむっちゃうらやましく思います。
失礼ですが、字はどれくらい綺麗に書いてきましたか?良ければ教えて下さい。

No title

ジダンさん

ご質問ありがとうございます。

私も筆記量で悩んだことがあるので、良くわかります。
※去年、私のまわりにも、1行40字で8枚を余裕で書く人や、本番の憲法で構成時間50分近く使い、行政法には1時間30分しか余らなかったのに第1問・第2問とも8枚フルに書いた人がいましたので。

私は、1枚目から2枚目にかけては丁寧に、その後はかなり高速で書いていました。
人の答案の1枚目~2枚目をみれば、その後がどれくらいの出来かを判断できる(される)と思っていたので、慎重に書くように心がけていました。
また、そうすることによって、自分の気持ちを落ち着けることもできました。
ただ、字の綺麗さを意識していたというよりは、ちゃんと論理的な流れのある文章になっているかを確認していたという方がいいかもしれません。

実際どんな文字を書いていたかについて、本試験の解答用紙を見ることはできないので、手元にある研修所の起案を見返してみましたが、時間に追われて書いた最後の方のページもまあまあ読める字だと思います。

枚数について、1行あたりの文字数や改行・ナンバリングの仕方にもよるので、気にする必要はないと思います。
本試験が近い頃に、まわりの勉強仲間と話したのは、たとえ得意科目等で8枚書けそうでも、「初めから8枚書こうとしない。6枚あればメインの部分に答えるには十分。6枚でコンパクトにまとめることを目指す。とりあえず6枚でまとめようと試みて、時間的に書けそうなら7枚目以降。」位の意識が丁度いいんじゃないかということでした。

いざとなれば、2時間の試験で7枚いっぱいか8枚半ばまで書けるということからすれば、ジダンさんは十分な筆力をお持ちの方なのだろうと思います。ですから、文字を崩してまで無理に7~8枚を書こうとしなくとも、6枚もあれば、要点を捉えた合格答案を仕上げることができると思いますよ。

なお、蛇足ですが、漢字は大きく、ひらがな・カタカナは小さく、文字はやや右側を上げて書くことを意識すると、速く書いても(多少は)読みやすい字になるのでおすすめです。

お久しぶりです!

司法修習お疲れさまです!


今回も質問なんですが、
僕は英語が苦手だったのですが、なんとかTOEICで625(L315R310)までいきました。
ちなみに、今学部2年なので、今年の9月からスコアが有効になるのですが、なんとか700台にのせたいんです!

前はリスニングについてコメントを頂いたと思いますが、
今回はTOEIC全体について何かアドバイスをいただけたらと思います。

よろしくお願いしますm(_ _)m

No title

MASOさん

忙しい中、回答して下さってありがとうございます。

凄く参考になりました。
最初から長く書くつもりで行くのは、良くないですね(^^ゞ6ページでおさめるような意識でいきたいと思います。
仮に、7ページ以降まで書くとしても、字の丁寧さよりも論理性を意識しつつ書くことにします。

字の見やすさの注意点まで指摘して下さって感謝しています。

あと一月、死ぬ気で頑張って合格してきます(^^ゞほんとにありがとうございました。

No title

> トシさん

ご質問ありがとうございます。

私が最後にTOEICを受けてから、もう5年程経ちますし、2回しか受験していないので、トシさんに対して、意味のある情報やノウハウをお伝えできるほどの経験を持ち合わせていないのです。
それをご承知いただいた上でいうと、TOEICの点数を上げるには、英語に慣れることが一番だと思います。
大学の行き帰りなどの時間を使って、毎日リスニングをすれば、割と短期間でリスニングパートの得点は上がると思います。
コツは、「集中して聞いて大要が掴めるレベル」の教材を使って繰り返しやることです。
9月までまだ時間があるので、リーディングの問題集をやったり、並行して、文法や重要な単語・熟語をノルマを決めて、少しずつ潰していったりすればよいのではないでしょうか。
1日あたりの量は少なくてもよいので、とにかく毎日やることが重要だと思います。

No title

> ジダンさん

精神的にもかなりきつい時期だとは思いますが、ここから本番までが勝負だと思って、もうひと踏ん張りしてくださいね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ありがとうございます。実は先日の公開模試の後、風邪をひいてしまいました。
精神的には健康ですよ(^^ゞ
ただ、公法系の択一と特許法の論文に少し不安を感じています。
前者は、1212問題と○×の組み合わせ、住民訴訟、行政組織法の個数問題などが怖いです。
後者の特許法の論文問題は難易度が高く解けるか心配です。年を追う度に難しくなっている気がします(>_<)

気合いで頑張ります(>_<)(>_<)

No title

> 管理人のみ閲覧できます さん

コメントが遅くなってすみません。
私もご希望に沿いたい気持ちはあるのですが,司法試験関連のアドバイスを個人的にお伝えすることは,専念義務との関係で修習期間中は控えたいと思っています。このブログに質問を寄せていただければ,一般的な回答として,できるだけお答えします。 よろしくお願いします。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。