スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験

第5回新司法試験を受験されたみなさん,本当にお疲れさまでした。
5日間がとても長く感じたことだろうと思います。
試験を終えて,みなさん各々感じていることも違うと思いますが,なにはともあれ,司法試験を受け切ったことに敬意を表します。
試験のことはしばし忘れて,ゆっくり休んでくださいね。


試験については,幅広い分野からの出題で,考えさせられる問題も多くあったようですね。
問題が公表されたら,私も見てみたいと思います

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

今年の新司法試験を受けた者です。

受験前は、masoさんのブログに何度も助けられました。

択一はどうやら大丈夫なのですが、論文は手応え的に
不合格っぽいです。年明けは論文一筋で勉強してきた
にも関わらずショックです。

再現答案を作ってる最中なんですが、合格発表までに
他にやるべきことはありますか?

抽象的ですみません。

No title

>きよひこさん

司法試験,おつかれさまでした。
ご質問ありがとうございます。

私は,合格発表まで再現答案は作らず,ほとんど法律に触れずに発表までの4ヵ月を過ごしたので,あくまでこうしたらよいのではないかというレベルの話ですが,合格発表までに勉強をするならば,民法と刑法をやるといいとおもいます。合格して研修所に行った後はもちろん,万が一,来年も司法試験を受験することになったとしても役立ちます。
スムーズに修習に入るために,特に民法をやっておくとよいと思います。

再現答案作成もいいですね。
私は,作成する気力も沸かず,結局作らずじまいで終わってしまいましたが・・。

勉強以外の面でいうと,(きよひこさんが関東圏にお住まいなら特に,)外資系,準大手,大手等,合格発表前に就職活動が本格化する事務所に興味があるならば,エントリーされるとよいと思います。
論文の手ごたえ―とりわけできなかったと思う方向のもの―は,あまりあてにならないので,あまり気にする必要もないかもしれません。
私も,試験直後の手ごたえは五分五分で,その後,いくつか痛いミスが分かってかなりヘコんだので。

ご丁寧にありがとうございます!

論文の実際の点数と主観はあまり一致しないという話を耳が痛くなるほど、聞いていたので、試験中は自分を騙して頑張りました!まぁ、試験が終わって魔法をときました。

民法・刑法に就活ですね。参考にさせていただきます。

関東圏で25歳ですが、完全な底辺ローなので、就活は苦戦すると思いますが、情報収集だけはやります。

ありがとうございました!

No title

MASOさん

民法と刑法をしとくのが良いとのことですが、

民法については、条文・判例・要件事実
刑法については、構成要件・判例・事実認定

について学んでおけば、一先ず、大丈夫でしょうか?
執行法の知識などは、合格発表後に入れたら大丈夫でしょうか?

検察志望なので、司法修習も気合いを入れていかなければならないので、何かアドバイスを下さい(*_*)。
受かっていればの話ですが・・・。

No title

MASOさん

民法と刑法をしとくのが良いとのことですが、

民法については、条文・判例・要件事実
刑法については、構成要件・判例・事実認定

について学んでおけば、一先ず、大丈夫でしょうか?
執行法の知識などは、合格発表後に入れたら大丈夫でしょうか?

検察志望なので、司法修習も気合いを入れていかなければならないので、何かアドバイスを下さい(*_*)。
受かっていればの話ですが・・・。

No title

ジダンさん

ご質問ありがとうございます。
民法と刑法については,それらをやっておけばよいと思います。
ただ,刑事の事実認定については,修習中に事件記録を使って取り組むことで徐々に身についていくという感じなので,自習の効果はあまり期待できないかもしれません。
民事保全・執行は,概略をつかんでおけばよいと思います。弁護修習や民事裁判修習の期間中に実務に触れつつ学んだ方が,本を通してのみ学ぶよりも何倍も早く吸収できるからです。

ジダンさんは,検察志望なんですね。
民法・刑法に加えて,余力があるなら,刑事訴訟の手続面をもう一度さらっておくと役立ちます。

ここから先の記載は,私個人の見解であって,公のものではないということをあらかじめ了解していただいた上でいうと,実際に修習が始まってからのことを考えたとき,検察実務修習の結果が重要になってきます。
もちろん,検察全国一斉起案(事件記録を使って,起訴状or不起訴裁定書,結論及びその結論に至った理由等を起案するもの。)に加えて,他の刑事系科目(刑事裁判,刑事弁護)の起案の成績も考慮されるようですが,検察実務修習の結果の方が,おそらく遥かに大きなウェイトを占めています。
具体的には,検察実務修習における,被疑者・参考人取調べ及び供述録取,補充捜査の方針立案・指示,指導担当検事への報告,決裁時のやりとり等を総合的に見たときに,検事の適性があるかどうかということです。
検察の仕事には,厳しい時間的制約があります。
例えば,実際に修習されると体感されると思いますが,身柄事件を配点されてから決裁を受けるまでにしなければならないことを逆算していくと,スケジュールはかなりタイトなものになります。ですから,限られた時間の中で,迅速かつ的確に事件を処理して,処分を決する能力が重要になってきます。

ジダンさんが試験に合格されて,検察修習に取り組まれる際は,そのことを意識して,主体的に事件と向き合っていく姿勢を大切にされるとよいと思います。

ありがとうございます。

忙しい中、いつも丁寧な返答をありがとうございます。

検察実務修習の成績が重要なんですね。
限られた時間の中で正確にこなす、というのは、難易度が高そうですが、出来る限り頑張りたいと思います。

民事執行法や刑事事実認定についてのアドバイスもありがとうございます。
発表までの時間を上手く使えそうです。
MASOさんには感謝しまくりです

友人との合格祝賀会で大暴れ(笑)してきて下さいね☆楽しそうです☆
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士(63期)。いわゆる大手渉外法律事務所で働いています。

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。