スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑事訴訟法

第1 科目特性

刑事訴訟法の学習で重要なのは、①令状主義、強制処分法定主義、証拠裁判主義、自白法則、伝聞法則など、刑訴法上の大原則を常に意識すること、②その関係で、刑事訴訟のプロセス、すなわち、捜査、公訴、公判、証拠、裁判、上訴を意識し、それぞれを支配する基本原理にさかのぼって考えること、③手続法であることを意識して、手続のつながり(捜査→公判)をよく考えることです。
また、刑訴法の事例問題対策としては、何よりも判例の理解が必須です。刑訴の諸問題では、条文へのあてはめというよりは、基本原理からの解釈で要件を導かなければならないものが多く、判例を知らないと全く対応できません。
基本原理・原則については、しっかりと基本書を読み込み、他方で個々の論点・問題点については、判例>>>>∞>学説くらいの気持ちで、百選をはじめとする判例理解のための教材をフル活用しましょう。
特にお勧めは、下記の5と7です。これらの教材を何回も読み込んで判例の相場を理解することによって、実務(っぽい)結論にうまくもっていくことができます。

第2 インプット

 0 「判例六法」(有斐閣)
 1 「刑事訴訟法講義」(池田・前田、東京大学出版会)
 2 「刑事第一審公判手続の概要」(司法研修所、法曹會)
 3 「刑事訴訟法判例百選」(有斐閣)
 4 「重要判例解説」(H16~H20、有斐閣)
 5 「最高裁判所調査官解説」
 6 「刑事手続法の諸問題」(酒巻、法教連載2004年4月~)
 7 「対話で学ぶ刑訴法判例」(法教連載2006年4月~)

とにかく実務の考え方を早く身につけ自分のものにしてください。学説の立場は司法試験後の暇な時期に理解してください。
刑訴を「原則から考える」やり方がよくわからないという人には、教材6を勧めます。公判の訴因、伝聞証拠の条文操作もばっちり理解できるようになると思います。
教材5、7は、刑訴の力を引き上げてくれる逸材です。

第3 アウトプット

 1 択一
 (1)新司法試験短答式過去問(辰己の短答過去問パーフェクト)
 (2)TKC模試3回(9月、12月、3月)
 (3)スタンダード短答オープン第1・第2クール(辰己法律研究所)
 2 論文
 (1)旧司法試験論文過去問(Wセミナーのやつ+辰己LIVE本)
 (2)新司法試験論文過去問(日本評論社のやつ)

刑訴の論文対策としては、新司法の問題が役立ちます。インプットで培った事実評価の能力を何度も試しましょう。ロースクールの期末テストもなかなか役立つでしょう。

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士(63期)。いわゆる大手渉外法律事務所で働いています。

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。