スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選択科目(知的財産法)

第1 科目特性

知的財産法の学習で重要なのは、特許法では、①用語の正確な記憶・理解、②特許法の仕組みの理解です。事例問題については、①侵害訴訟では「(ア)差止訴訟の検討:特許権の帰属→対象製品との関係→抗弁→再抗弁→(イ)損害賠償の検討」、審判手続では「審判手続の種類→審判手続の段階」の順に事例を分析すること、②年月日が極めて重要な意味をもつので、必ず時系列で考えること、③民法、民訴、行訴との関係も疑うことが重要です。

他方で、著作権法では、①各規定の内容、趣旨、②判例の理解が重要です。
支分権を落とすことが一番怖いので、他科目よりも特に意識して細かく規定を拾っていきましょう。
事例問題の思考は、「(1)著作物性の認定→(2)権利の帰属(職務著作、共有、映画など)→(3)対象物との関係→(4)侵害が問題となる権利→(5)権利制限規定→(6)著作者人格権(公表、氏名表示、同一性保持)」の順に行うのが最も効率的であると思います。
登場人物も多く、著作物もたくさん出てくるので、パニックにならないように上記の思考に乗せて淡々と処理するイメージで解きましょう。

第2 インプット

 0 「判例六法」(有斐閣)
 1 「標準特許法」(高林、有斐閣)
 2 「特許判例百選」(有斐閣)
 3 「授業の著作権法レジュメをまとめたもの」
 4 「重要判例解説」(H16~H20、有斐閣)
 5 「知的財産法の重要論点」(法教連載2007年4月~)

教材5は、知財を得意科目にしてくれるでしょう。
制度の仕組みを意識して基本書を読み込むと、個々の論点の理解も早まると思います。
判例百選・重判は必須。

第3 アウトプット

  論文
 1 「新司法試験論文過去問」(論点解析+日本評論社のやつ)
 2 「知的財産法演習ノート」(小泉・駒田、弘文堂)
 3 「論点解析知的財産法」(田村、商事法務)

これらの内では、教材3が一押しです。新司法試験の解説も載っており、かなり使い勝手が良いです。
教材2は問題はいいのですが、解説が読みにくいです。

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。