スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【特別連載・第5回新司法試験を振り返る・出題趣旨を受けて―民事系科目第1問(会社法)―】byN氏

民事系科目第1問(会社法)について。

[評価] 上位約3%

※特別連載の説明,目次は「こちら

【問題を見たときの感想】
論文式試験がいよいよ始まる!得意な民事系科目をしっかりと書ければ合格できる,と思っていたので,気合を入れる。紙が配られ,受験番号シールを貼ったり,名前書いたりしながら,ドキドキする。
民事系第1問は会社法を予想していたため,会社法の問題であることには驚きはなかった。
会社法は『事例演習教材』(有斐閣)を何度かやったから結構自信はあった。しかし,新司の問題は書ききれない量が出題されるから,最後までいかないといけないと思う(しかし結果としてすぐ忘れる笑)。
問題を開けて読んでみると,設立の問題と,新株発行段階の見せ金の問題で択一でしか触れたことない問題点であることに気づく。驚く。でも,これはみんな一緒だ,と腹をくくり,できる限り書くようにする。
答案構成は35分。

【解答方針】
[設問1]
52条の解釈問題。
配点が2:8だったから,設問1は1枚で終わらせる予定が,1枚半から2枚くらいになったと記憶している。
Aについては,本人が出資しているから免責不可。
それに加えて53条の責任追及も可能と付記。
Bについては,52条2項の任務懈怠の推定の覆滅を検討。任務を「資本充実の観点からきちんと現物出資がなされているかどうかを確認する任務」としてそれを尽くしたかを検討。知らなかったし,いちおう手続は正規にふんだし,不動産鑑定士とかが気付かなかったんだから任務懈怠なし,とした。

[設問2]
①払込の有効性と新株発行の効力
ここで書きすぎたのが敗因。
(1)払込
払込は9000万円につき無効。1000万円につき有効とした。
(2)新株発行
その上で効力は,「後発的有利発行」という気がした(そんなの聞いたことない笑)から,株主総会決議を経ない有利に発行された新株発行の効力のはなしを展開。
会社法には新株発行の効力に関する明文の規定なし,「取引の安全を反故にしてもなお,守るべき利益がある場合」に無効となるとした上で,一般的には有利発行は無効とはならない。株主には差止めの機会(201条3項,4項)があるし,取引の安全の要請が高い。
でも本件では,見せ金という悪質性の高い問題であること,発行価格は適切であったから201条3項,4項による差止めの機会がなかったことからすれば,無効と解すべきという結論。(本番はもっと厚く展開しちゃったけど,どうせ違うしこれくらいで書くべきだった。。。)
②会社に対するA,B,丙の責任
丙は212条1項の責任を書く。
Aは423条の責任を検討し,任務を具体的に明示した上で,任務懈怠は当然あり。加えて213条の類推も検討。
Bは423条の責任を検討するも,任務懈怠はなし。213条の責任は2項で覆滅。
*損害論には全く触れず。。。
③乙に対するA,Bの責任
時間がないため極めて薄いかつ粗雑な論証。
Aは,429条2項ロの責任をおう。現物出資および新株発行の瑕疵を知っていながら実行したことによって,虚偽の計算書類を作出したと「同視」できる,と書いた。
Bは,任務懈怠なしだから,429条1項の責任を負わない。
(間接損害の話も書かなきゃいけないと思ったのだが,時間がなく書けず。すべては,設問1で少し長く時間がかかったこと,①で盛り上がり過ぎたことが理由。答案構成35分,7枚下まで書いたから,量の問題ではなく,バランスの問題。)



【出題の趣旨に照らして】
設問1は出題の趣旨に応えられている。しかし,2割の配点しかないのに明らかに書きすぎ。
設問2は,①に関しては,払込の効力について,見せ金の意義,要件をきちんと呈示できていない。株式の効力論は頓珍漢。受験勉強段階で聞いたことない用語は使うべきでないと思う。また,払込無効かつ株式の発行の効力を否定した場合の,新株発行と不存在の別についても触れることができなかった。
また,②に関しては,見せ金無効論を唱えておきながら,423条の損害論を展開していないのは問題。後は総じて薄い記述に終始しているのもダメ。
③に関しては,429条1項の「職務」については触れているが,1項2項の責任の関係,2項の「取締役」の意義についての検討はしていない。
総じて,正確でないにもかかわらず①を厚く論じて時間を食ってしまい,②,③を詳細に分析・検討することができなかった。また,あらかじめ,答案のバランス,423条の責任を書く場合には損害論も考えること,などといった注意をしていたにもかかわらず,本番になってこうなってしまったのが反省点。かなり点数としては悪いと思う。


theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。