スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論文

第1 論文式試験対策の方針

 1 本番の初見問題を、制限時間内に途中答案でない形で書ききる。
 2 不得意科目は作らず、すべての科目で平均点をとれるような答案を目指す。
   限られた時間で大筋を外さない平均的な法律構成を行うことを目指す。
 3 そのために合格答案、ヒアリング、出題の趣旨を参考にして、
   ①受験生のレベル及び②新司法試験ではどこが評価の対象であるかを理解する。
 4 1~3の方針に従って、答案を書く練習をする。


第2 論文式試験について意識していたこと、決めていたこと

1 添付資料を必ず使え。
2 結論を必ず示せ。そこだけで点がある。
3 考える時間は多くてせいぜい40分くらい。たかだか2時間の試験で書けることは限られている。たいしたことは書けないし、書くことも求められていない。答案の枠に点がある。バランス良くコンパクトに。
4 愚直に基本からの積み上げを示せ。「こうだからこう、こうだからこう・・」という流れ。
5 たかが試験。正解筋がある。
6 基本的な知識とその理解の正確さで合否が決まる。知識の量ではない。
7 全科目の全範囲を勉強することは原始的不能である。
8 本試験で差がつくところをおろそかにして、次から次へと勉強する範囲を広げていくのは最悪。学問的に考えれば、出題範囲は無限。人より多くの知識を詰め込んで知らない問題を減らそうとするのではなく、自分の持っている知識を確実にすることを重視する。知らない問題が出たら、基本から演繹すればよい。
9 基本書を読むときは、論点よりも事案を意識する。どこが問題なのか、どうして問題になるのか、どう解決していくのかを理解する。
10 論点は2段階で確認してゆく。①この論点は要するに~、②すなわち~ 

第3 実際に論述する際の意識

1 条文を正確に摘示する。
2 最高裁判例があるところは判旨のキーワードを正確に引用せよ。点数に直結する。
3 専門用語の誤用、誤字は厳禁である。しかるべきところで、正確に使え。
4 問題提起の場合には、問題の所在を示すことを意識せよ。
  条文がないために問題となる論点では、特に「問題の所在」を示すことが大事。
5 判例の見解にのる場合は、理由付けが薄くならないように注意せよ。
6 聞かれていることに対して端的に答える。
7 同じものは同じように、違うものは違うように、改行と見出しを使って整理して書け。
10 120分のテストであれば、30分(読み・構成=項目、順序、量)+90分(書き)で組み立てる。どんなに遅くとも、40分後には書き始めよう。
11 点数配分と答案枚数を比例させろ。
12 できるだけコンパクトに、かつ「みんなが考えるところ」、「前提法律関係の整理」、「基本論点」を外さないように構成せよ。その誰もが知っているところこそ、試験委員が一番聞きたいと思っている超重要論点である。受験生が重要度を決めるのではない。
13 時間は必然的に足りなくなるので、メインとサブを意識して切り分けること。サブもできるだけ触れる。触れるだけで点になる。
14 問題点の摘示は、原則の指摘⇒問題点⇒解釈⇒あてはめ。例外を論じるときは原則から書け。
15 あてはめは、プラス事情とマイナス事情を分けて、拾いまくる。評価して、結論。


第4 試験対策ファイルの作成等

全科目について(特に「公法系」については詳細に)、あらかじめ思考・検討順序をかなり詳細にパターン化しておき、問題に切り込む視点・答案の枠を一定に保つことで、どのような問題であっても、ぶれない答案を書くことを目指しました。また、論証素材については、2009年4月中旬に、①基本書で使えそうなフレーズ(定義・趣旨・要件・効果など)、②判例の言い回し・要件・要素、③論証の流れをキーワードで示したもの、④問題演習で気付いたことをまとめたもの等をワード資料として用意し、積極的に記憶していきました。
分量としては、これらのまとめ資料と論点表(Wセミナーのアーティクルについてるやつ)とを一緒にして、A4ファイル一冊です。これを直前期の確認に使いました。

第5 論述対策としておすすめの文献

1 「平成16年度合格者ドリーム・チームからの熱いメッセージ」
  (雑誌ハイローヤーの特集2005年5月号&6月号&7月号)
2 「3時間で学ぶ論文の書き方入門」(Wセミナー、絶版のため図書館でどうぞ)
3 「法律答案の構造的思考」(山島達夫、辰己法律研究所)
をこの順番でおすすめします。
教材1はなかなか手に入らないかもしれませんが、旧司法試験の超上位合格者が、得意科目ごとに、普遍的な論文の書き方を分析したもので、役に立つどころではありません。超おすすめです。
教材2は薄い本ですが、内容は濃いです。教材3は、論証とはどういうことかが良くわかります。

新司論文対策の方向性が見えないと感じる人には、
1 再現答案(いろいろな出版社がまとめて出しています。辰己とか中央大学新法会とか。)
2 合格体験記
を読みまくることをおすすめします。特に、1について高評価の答案を書いている人のエッセンスは丸ごと盗むつもりで読みましょう。法律論とあてはめのバランスや、それぞれの論点にかける論述のバランス、基本的知識の精確さ、事実の評価の仕方などに着目して読んでみると必ず大きな発見があるはずです。
2については、合格者に共通することはなんなのか、自分とフィーリングが合うと感じる勉強方法はどれかを意識して読んでみるとよいと思います。

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

質問です

>「平成16年度合格者ドリーム・チームからの熱いメッセージ」
  (雑誌ハイローヤーの特集2005年5月号&6月号)

 お世話になります。堀馬です。

 2005年の6月号は入手したのですが、5月号をどうしても手に入れることが出来ません。
 5月号で役に立った部分というのは、目次で言うと、どの部分なのでしょうか?

http://www.amazon.co.jp/gp/product/toc/B00097AF72/ref=dp_toc?ie=UTF8&n=465392

No title

堀馬さん

5月号で役立ったのは、目次でいうと、◆論文突破企画・平成16年度合格者・天野研司「論文直前期の勉強計画立案方法~5月8日の夜に読め!!」という部分です。
友人に資料等一括して寄付してしまったので、記事が手元になく確認できないのですが、おそらくそこだろうと思います。
ちなみに、5月号の当該記事は、6月号(7月号?)に記載されているアマケンさんの記事と全く同一です。(一部前倒しで特集記事のご紹介といった感じで掲載されていたと記憶しています。)

※加えて、特集記事は5月号&6月号ではなくて、5月号~7月号ですね。お詫びして訂正いたします。

前回は、ありがとうございました

こんばんは。kkと申します。前回はお忙しい中、質問の回答をしてくださり、本当にありがとうございました。また質問をさせていただきたくて、書き込みをさせていただきました。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒、ご指導の程、よろしくお願いいたします。

質問1:判例で押えるべきポイントを教えていただけないでしょうか。

質問2:記事中の「5 判例の見解にのる場合は、理由付けが薄くならないように注意せよ」を具体的に教えていただけないでしょうか。

質問3:記事中の「15 あてはめは、プラス事情とマイナス事情を分けて、拾いまくる。評価して、結論。」を具体的に教えていただけないでしょうか。

No title

kkさん

ご質問ありがとうございます!
またまた長文回答ですが、よろしくおねがいします。


第一 質問1について
 判例の論理の流れを追ってみていくということが大事だと思います。短答では判旨の知識(+たまに理解や射程も聞かれますが)しか聞かれないことがほとんどということもあり、また1つあたりを読むのに時間もかかるため面倒ですが、少なくとも重要な判例については丁寧に読んだ方がいいと考えます。はじめは時間はかかっても、論文対策にもなりますし、全体でみればお得だと思います。
 なお、百選は判文がぶつ切りにピックアップされて、読みにくい上に不足があるので、漫然と読まないよう注意が必要です。(たとえば、憲法6事件について、「この理は、特別永住者についても異なるところはない。」という試験的によく出る部分に関する大切な一文が抜けていたり、当該事件は外国人の公務就任権の有無について直接の判示をした判例ではないのに、タイトルは「外国人の公務就任権」となっていたりします。)

第二 質問2について
判例の法解釈には、ほとんど論証せずに、「(条文の文言とか)~については、・・・と解するのが相当である。」というような言い切り型のものが結構あると思います。裁判官には法解釈について権限があると考えられるのでそれでもいいのですが、受験生が理由もなしに「~については・・(判例の規範)と解する。」というわけにはいきません。なんでそう解するのか?というつっこみに一応耐えられる理由づけをする必要があります。
そこで、判例がどういう理由でその見解を取っているのかを理解し、答案にそこを書く必要があります(百選の解説、調査官解説、基本書での説明などが参考になります)。
逆に、理由が書いてある場合、条文・制度趣旨、制度の仕組みからの論証をするものがほとんどであると気づくと思います(※たとえば、一つの参考として、「最判昭和49年3月7日民集28・2・174」(債権譲渡の対抗要件の構造)をご覧になってみてください。)。
そういった論証を参考にして、理由づけのない判例についても、もし論文で問われたらどう書く?どうやったら根本部分からの理由づけができるだろう?と考えつつ読んでいくことが大切だと思います。

第三 質問3について
 答案では、①問題文の事実関係から法律上の問題点を発見・指摘し(問題の所在の指摘)、②条文等を解釈して要件該当・非該当を判断する基準を立て(規範定立)、③当該事案の事実関係は自分の立てた基準によるとどう判断されるか(あてはめ)、ということを書きますよね(このあたりについては、新司ヒアリングの【答案の作成は,「問題文をよく読み時系列で整理する。」,「すぐに書き出すことなく,答案の構成を考える(結論,理由付け,論述に費やす分量・全体のバランスを考える。)。」,「法的根拠(条文及びその解釈)を示し,問題文から読み取れる事実関係を分析し,当てはめ・評価しながら論述する。」,「その際,自己の見解を明確にする。」,「設問に対する結論を明確に示す。」という要領・手順で行われるものと期待していた。】という部分が参考になります。)。
このうち、記事15は、上記③及びヒアリングの「問題文から読み取れる事実関係を分析し,当てはめ・評価しながら論述する」という部分についてのものです。
つまり、あてはめとは、「当該事案の事実関係が、自分が解釈して導いた規範にあたる/あたらない」ということの「論証」を行う場面です(論証はなにも法解釈のところだけでするものではありません。)。あてはめがうまくできない=規範に当てはまることの論証ができていない、ということは、翻って規範自体の理解が甘い(どういうルールなのか分かっていないのに、とりあえず表面だけ判例の言葉を使って基準を立てていると思われてしまう。)ということを意味しますから、規範を立てられたからといって安心せずに、答案はまだ半分も完成していないという心意気でその先を書いていく必要があります。
たとえば、刑訴で、最判H15.2.14を例にとって考えます。
自説で、「事前の逮捕手続に令状主義の精神を没却するような重大な違法がある場合、かかる違法逮捕と密接に関連する証拠を許容することは、令状主義の趣旨に反し、また将来における違法捜査抑制の見地からして相当でないから、その証拠能力は否定されるものと解する。」という規範を立てたとします。
あてはめから結論は、たとえば、
「これを本件についてみると、たしかに、逮捕状不呈示や緊急執行をしないという手続的な違法は認められるものの、これは逮捕の内容に関する違法ではないから、それのみをもってただちに令状主義の精神を没却するような重大な違法があったとはいえない。また、それ以外の隠ぺい等の行為は、逮捕の時点で行われたのものではなく、逮捕手続の違法性判断には影響しないようにも思える。
しかしながら、逮捕状へ虚偽事項を記入し、内容虚偽の捜査報告書を作成し、さらには公判廷において事実と反する供述をしたという事実は、警察官らが逮捕の違法性を認識・認容しつつあえて事後の隠ぺい行為をしたことを示すものであり、警察官らには逮捕の時点で令状主義を軽視しこれを潜脱する意図があったと評価できるから、逮捕手続の違法性に影響する事情として考えるべきである。
そうすると、本件逮捕は、単に手続的な違法が認められるにとどまらず、令状主義を潜脱する意図をもって行われたものといえるから、その違法の程度は令状主義の精神を没却するほどに重大である。
したがって、本件逮捕には、令状主義の精神を没却するような重大な違法があるといえる。次に、本件各証拠について違法逮捕との関連性の程度を判断する。・・」
というように私なら論述していきます。
上記の例がうまくいっているかどうかは分かりませんが、単純に定式化すると、
①たしかに、(規範非該当の方向に働く事情=マイナス事情)が認められ、
②これらの事情は~のように評価できるから、
③規範には該当しないのではないか(と思える)。
③しかし、(規範該当の方向に働く事情=プラス事情)が認められ、
④これらの事情は~のように評価でき、
⑤規範に該当すると考えるべきなのだ
というような感じです。
やってはいけないのは、「・・・(事実1)、・・・(事実2)、・・・(事実3)が認められる。以上の事実からすれば、(規範)に該当する。したがって・・」というような論述です。
これでは論証部分がまったくなく、なんで規範に該当するといえるのか?という突っ込みに耐えられません(この点については質問2でお答えしたのと同じことです。)。判例の中にも上のスタイルのものが数多くあるため、それでいいのだと思っている人が多くいるように思います。しかし、受験生は裁判官ではありませんから、自分の思考過程(この事実を自分はこう評価するから規範にあてはまると考えるんだ、という部分)を丁 寧に答案に示す必要があるのです。指摘した事実の法的意味を評価するということは、事実が規範にあてはまることの論証をするということですので、規範定立と同等の重要性を持っていると考えておくといいと思います。
もっとも、何でもかんでも、プラスとマイナスを分けて、たしかに~、しかし~、と書くべきだというわけではありません。ただ、事情を丁寧に拾って、評価して書いていこうと意識して論述すると、必然的にあてはめが長めになりますから、新司対策的に見たとき答案のバランスが良くなると思います。

たびたび、本当にありがとうございます

たびたび質問をしまして、本当に申し訳ありません。またお忙しい中、詳細に教えてくださり、本当にありがとうございます。質問をさせていただきたい事が、山ほどあります。ご迷惑をおかけいたしますが、今後ともご指導の程、何卒、よろしくお願いいたします。

No title

> kkさん

ご質問ありがとうございました。

質問です。

来年新司法試験を受験する予定の者です。質問よろしいでしょうか?
論文の答案構成をする際にあてはめの内容まで、しっかり考えて構成するべきでしょうか、それとも、だいたいの法律構成、結論だけ答案構成して、あてはめは答案を書きながら考えるのでよいのでしょうか?

No title

AGさん

ご質問ありがとうございます。

答案構成の時間について、私は2時間の試験では30分(やむをえないときは40分)と決めていました。答案構成では、法律構成、あてはめ、答案の記載順序、各記載箇所における分量を決定することになりますが、問題文・設問を2回程度読んだ上でそれらを考えていくとなると時間的には相当にタイトだと思います。

法律構成を決定した後、記載の具体的中身については、書き漏らしを防ぐため、(1)法律論については論証で外してはいけないキーワードのみを記載しておき、(2)あてはめについては、問題を読む過程で、問題(論点)となる(なりそうな)ポイントをマーカーでチェックした上で、問題文中の事実にもチェックを入れておき、当該問題文の右又は左の空白に書き込みをしておきました(ex.「①~⑤の事実を拾ってあてはめる」等)。あてはめについては、問題文を使って答案構成するというイメージです。
構成用紙にどの程度記載するのが自分に合っているのかは、答案構成を繰り返すことで次第に感覚として身についてくると思います。

(そうせざるを得ない状況に陥ることがあることは十分承知の上ですが、)あてはめについて答案を書きながら考えるというのはあまりオススメできません。自分では調子よく書けているつもりでも、知らず知らずのうちに方向がずれて、前後で矛盾をきたすなど答案の筋がブレるおそれがあるからです。それゆえ、答案構成の段階で、拾うべき事実を押さえておくことは必須だと思います(構成した上で書き始め、どうしても足りないと思ったときに、新事実を追加するかどうかを考える方がよいです。)。

「再現答案の検討方針」(「目次」5(2)イ)の記事にもあるように、何を書くかに加えて、どう書いていくか(前記答案の記載順序及び各記載箇所における分量の問題)についても、答案構成の段階で良く練っておく必要があります。記載順序については、論理性・答案の読みやすさの観点から考え、分量については問題文中に示された配点比率等から考えるのがよいと思います。

なお、私の論文式試験に対する解答方針については、当ブログの「目次」にある「本試験で書いた枚数・解答方針総論」(2(2))、「論文」(5(2))等にも記載してあるので、合わせて参照してみてください。

No title

masoさん

ブログ更新終えられているのに、わざわざ回答していただきありがとうございます。
答案構成の段階で、あてはめも考えられるように、問題演習を繰り返していきたいと思います。まだ、今の段階では構成に時間がかかり過ぎているので、なんとか30、40分で構成できるように、新司の過去問で訓練していきたいと思います。

No title

masoさん

ご回答ありがとうございます。
答案構成段階で、あてはめに使う事情もしっかり考えるということですね。問題演習を繰り返して実践していきたいと思います。まだ、今の段階では答案構成に時間がかかっているので、30、40分で答案構成できるよう過去問等で訓練していきたいです。

masoさんの記事は受験生にとって大変有益な情報が詰まっていると思います。とても参考になるので、記事をこのまま残してもらえるとありがたいです。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士(63期)。いわゆる大手渉外法律事務所で働いています。

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。