スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【特別連載・論文式試験の書き方全般について】byN氏

論文式試験の書き方全般について。
大切なことですので,私の意見も合わせて記載させてもらいました。

※特別連載の説明,目次は「こちら


私は,論文を1つの「作品」だと考えています。論文が自分の考えた事柄を自分の名前を書いて人に読んでもらうものだからです。ですから,自分の書いた1字1句に責任を持つようにしていました。この姿勢は,私は重要だと思います。細かくて予想外の批判を受けたときは結構落ち込みましたが,言い訳をせず批判を受け入れ,表現力の向上に努めようとしました。表現はあまりローでも指導されない点ですので,ゼミでの指摘は有益だったと思います。
そこで,私は,論文の書き方全般に関しても,指摘された事柄を中心にいくつかの注意事項を事前にまとめました。それを整理してみやすい形にしたものを参考までにアップさせていただきます。これも,科目別のポイントと同様に自分自身の癖や失敗経験から出てきているものですので普遍性の程度は保障できませんが,参考にしてみてください。

1 総論
(1)「問題提起(必ず条文をいれる)→規範定立(~とは,とか,要件立て)→あてはめ(規範とファイナルワードを統一)→結論」の流れを意識。
・必ず,それぞれに理由を付すこと。
・結論は完全な形で書くこと。(例:~条に反し違憲)
・これらができていう答案は,非常に流れがあり,読みやすい。
・だいたい「問題提起+規範定立:あてはめ=4:6~5:5」を理想とする。

【maso注】
法的三段論法をきちんと守ることが得点につながります。メイン論点では,この形を死守しましょう。cf.「論述の大枠


 (2) 問題提起の仕方で理解が出る。きちんと効果まで書く。
例)×正当防衛が成立しないか ○正当防衛が成立し,違法性が阻却されないか
×会社法831条1項3号の決議取消事由に該当しないか ○会社法831条1項3号に該当し,取消されないか

【maso注】
これも大切です。思考過程を丁寧に論述して,問題の所在を示してください。cf.「某連載」,「理由づけ


 (3) 自分の立てた規範に責任を持つ。
規範を立てた以上,きちんとその規範にあてはめる。苦し紛れに規範を立てることは必ずある。その時にたとえ規範が間違っていてもあてはめができていれば規範に関する減点で済む。しかし,あてはめもできなかったら,規範のみならずあてはめに関しても減点されて2倍痛い。

【maso注】
規範とあてはめはリンクしています。規範の理解がしっかりとしていないと,あてはめもうまくできません。あてはめがうまくできていない場合には,規範の理解が正確でないと見られてしまいます。


 (4) あてはめは,事実→評価→結論で全て分けて書く。
事実だけ,評価だけの答案は全く分からない。
事実はできるだけ具体的に書く。具体性の典型は数字。
評価は自明でも書く。助詞で評価しない(×300mもあり ○300mと長く)。
例)(2007刑訴)
「2回目の犯行の時に甲が現場付近をうろついているところの目撃証言および3回目の犯行時に甲に似た男が現場を去っていくところの目撃証言が存在(事実)し,甲が犯行との何らかの関係性を有している(評価)と考えられる。また,甲のアルバイト先でベンジンが盗難にあっており(事実),犯行に使われた可能性がある(評価)。加えて,甲が「確かR駐車場にはC社製の車があったよね」(事実)などと犯行をほのめかす(評価)発言をしていることがうかがわれる。以上から,甲の嫌疑は充分に高いといえる(最終評価)」

【maso注】
超重要な視点です。あてはめでこれがうまくできれば,それだけで差をつけることができます。研修所の起案でも,①証拠による事実認定と,②その意味付け(=評価)とは明確に分けて書かなければ全く点になりません。司法試験の場合は,すでに証拠によって事実が確定されており,所与のものとして与えられているので,①問題文から,法律的に意味のある事実を的確に拾い上げるところと,②拾い上げた事実が法律論との関係でどのような意味を持つのか評価する(=経験則・論理則に従って,推認過程・理由を書く)ところにそれぞれ配点があると考えられます。cf.「理由づけ


 (5) 時間内に6枚ずつは書く(民事大大問は12枚)。その中で,配点に合わせて枚数を割り振る。

【maso注】
配点比率が示されている場合,面倒でも枚数割り付けをしてください。論述のベストバランスを試験委員が示してくれているのですから,これを利用しない手はありません。


 (6) 時間配分に気をつける。
答案構成は30分~35分。どんなに伸びても40分。
書くのは1枚12分。考えながらだと15分。

【maso注】
自分が答案1枚を書くのに何分かかるかをあらかじめ知っておくことは必須です。


 (7) メリハリ。幹は幹として,枝は枝として,葉は葉として書く。量も合わせる。
枝葉末節な論点をそれなりに,根幹の部分の論点をきちんと書かないと立派な木(論文)にならない。幹の部分=出題の趣旨→問題文に正面から答える姿勢が重要

【maso注】
見極めは難しいですが,基本的なところ=瑣末な論点,というような思考だけはしないように注意する必要があると思います。cf.「思考過程をそのまま論述することの大切さ」,「答案作成のプロセス


 (8) 書き順が大事。
書く順番→請求相互の関係の明示とか,契約の錯誤無効を有効前提の詐欺取消よりも先に書くとか,違法性が構成要件より先に論じられてはならないとか,書く順番で論理性を表す場合はかなり大事。
書き順→早く書くとしても,正しい書き順で文字を書けば,読めない字にはならない。

【maso注】
これも大切な視点です。そこにも理解がでるからです。cf.「再現答案を見るとき


 (9) 主張反論問題は,主張をもっとも厚く書くこと。主張を厚く書いて初めて議論が有益なものになるから。主張が薄い議論は白熱しない。


2 問題の読み方について
(1) まず配点をチェック。次に設問。設問は2度読み,書くべきことをマーク。それから問題文を1度じっくり。
例)2007刑法で問題文の読み落としによるミスが多発したらしい。こういうこともあるから注意する。
事後の注)1度さらっとよんで,2回目できちんと読む,という方法を試したが私には合わなかった。これは個人的な要素が強いと思います。

【maso注】
問題文の読み間違え,(設問の条件などの)読み落としは致命傷になります。設問が長い場合には,文節を区切るなどして,与えられた条件や論述の対象を明確にしましょう。


 (2) 問題文の「なお」書の部分は超重要だから落とさない。「なお」は文脈とは関係ないが特に付け加えたいときに使う接続詞だから,試験委員は何かのメッセージを発している。
例)2006民事系第1問(会社法)の1つ目の「なお」は,吸収分割を論ずるなという趣旨。2つ目の「なお」は,利益相反を論ずるなという趣旨と読める。


3 答案構成について
(1) 30~40分以内で終えるのが原則だが,混乱している状態での見切り発車はダメ。その場合は書くのを5枚に減らしてもいいから混乱は解消すべき。

【maso注】
普段の学習で,制限時間内(原則30分)での答案構成を練習して危機管理力を高めておきましょう。筆記速度などからみて,最大40分まで答案構成しても大丈夫だとしても,普段は30分厳守で練習しておくのが良いと思います。


 (2) 答案構成上考えつかなかったことに関して,書いている途中に考えついても,答案がぐちゃぐちゃになる場合には諦めることも大事。

【maso注】
答案構成後,論述の際に閃いたことを書くのはバクチ行為です。しばしばあると思いますが,「自分はひょっとしたらすごいことに気がついてしまったのではないか。これこそ真の出題趣旨ではないか」という閃きは大抵間違っているので注意が必要です。一度冷静に考え直してみて,うまく書けそうにない場合は,それを書くのは避けておくほうがよいでしょう。


 (3) 答案構成に書いたらチェックを入れて書き落としを防ぐ。思いついているのに書き忘れるのは痛い。

【maso注】
私もやっていますし,研修所の同期(新司法試験超上位合格+任官)も普段の起案でこれをやっています。


 (4) 答案構成に文章は書かず,キーワードのみを書く。時間節約のため。

【maso注】
文章を書いておかないと不安に感じる方もいるかもしれませんが,キーワードさえあがっていれば書けます。


4 表現について
(1) 人に読んでもらうモノである,ということを忘れない。
(2) 誤字はしない。できるだけ訂正もしない。論理的に考えながら書けば必然的に訂正は減る。混乱しているから訂正が生じる。なお,訂正をする場合は美しく。
(3) 日本語を正しく,わかりやすく。
・主語と述語を対応させる。
・文章は短く。切れるところはきる。
・接続詞を正確に使う。
→「そして」を使わない。文と文のつながりの論理性が曖昧になるから。どうしても適切な接続詞が見つからない場合にのみ使用。
・二重仮定の禁止(「~だとすれば,~だとすれば,~となる。」)

【maso注】
接続詞や言い回しで,論述全体の印象が変わってきます。特に接続詞は,論理関係を明確にするためにも意識的に使うべきです。cf.「流れのある答案を目指して


 (4) 語尾は言い切る。
「~といえよう」とか「~だろう」等は評論しているわけではないのだからダメ。論文は,設問に対する自分の意見を聞かれているのだから,断定的な表現を用いるべき。

【maso注】
これも大切なことです。「あなたの見解を述べなさい」との問いに対して第三者的な視点で回答したり,「当事者としてどのように主張するか」との問いに対して,反対の主張を同バランスで取り上げて第三者的立場から比較衡量するような論述をすれば,それだけで減点されるでしょう。いかなる立場から論ずるのかを良く考えて書き始めるべきです。敷衍していうと,法解釈については「~と考える/考えるべきである」ではなく,「~と解する/解すべきである。(「私は法律の文言をそのように解釈・理解する」という意をこめて)」と書く,などのルールを決めたらそれをしっかり守りましょう。また,結論を述べるところで,「したがって/よって/以上により,~と考える。」と自分の意見のように書く答案が散見されますが,結論は結論として,「したがって/よって/以上により,~(であ)る/~ない/」と書くべきです。


 (5) 法律用語は漢字も含めて特に正しく使う。これを間違えると致命的。あと,できるだけこなれた表現を使う。
法律用語例)到来と経過,自己統治と自己実現,廃止の「廃」,遮断の「遮」等
こなれた表現例)窃取(窃盗行為による財物移転)/強取(強盗行為による財物移転)/詐取(詐欺行為による財物移転)/喝取(恐喝行為による財物移転)→甲はAに「20万円よこせよ。ひどい目にあうぞ?」と申し向け,これを畏怖させ,20万円を喝取した。

【maso注】
専門用語をしかるべきところで正確に使えるかどうか,という点にも実力が現れます。法律用語には,当該用語の持つ意味をすべて含んだまま別の言葉で言いかえるのが難しいものが多いです。それぞれが厳密な定義を持つ用語ですから,内容を理解した上で正確に使いましょう。こなれた表現は,合格者の再現答案や答案練習をする過程で友人の答案を読んで,自分の論述にも取り入れていくといいと思います。


 (6) 字は,少なくとも初めの1頁だけはできるだけきれいに書く。印象はそこで決まるから。


theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なるほど!

この項目を軸に、答案の自己採点や、ゼミでの評価に使いたいと思います。
非常に丁寧な説明ありがとうございます。

No title

>管理人のみ閲覧できますさん

ご質問に対する回答が他の方にも参考になりうると思いましたので,こちらで答えさせていただきます。もし都合が悪い場合は,その旨お伝えいただければ速やかに削除させていただきます。

前段のご質問について,新司の憲法の論述では,「憲法〇条に違反するか問題となる」というような第三者的な問題提起をする場面には遭遇しないと思いますので,心配する必要はないでしょう。
原告の主張とそれに対する被告の反論を論述すれば,おのずと論点が明らかになるので(権利・利益の対立をはっきりと明示して論点を浮き彫りにする答案を書かなければならないということです。),私見を書く場面であらためて上記のような問題提起する必要はありません。
そこが問題となるからこそ,原告が違憲の主張しているといえるからです。そうすると,憲法の問題提起は,原告の主張の論述で決まる(原告が論点を設定する)というになると思います。憲法の問題を考える際には,どのような権利・利益がぶつかっているかを答案上に示すこと,憲法上の問題を論ずるフレームワークを導くことに力をかけるべきです。これついては繰り返しになりますが,宍戸先生や蟻川先生の連載が大変参考になります。

憲法の問題提起は原告の主張の論述で決まるということを念頭において,両判例をみてみると,まず,最高裁昭和52年7月13日大法廷判決(民集31巻4号533頁)(津地鎮祭事件)について,ここでは主に憲法20条3項により禁止される「宗教的活動」とは何かというのがメイン論点ですよね。その前提として,政教分離原則(憲法の諸規定から導かれるもの(判例は,20条1項前段,2項,1項後段,3項,89条を政教分離規定として挙げる))をどのように理解するのかが問題となります。具体的には,原告としては,政教分離は,信教の自由をより完全に保障するための不可欠の手段であるからこそ,厳格な分離とすべきと主張した上で,「宗教的活動」の解釈の基準として厳格な基準により判断すべきこと,それゆえ違憲であることを主張し(公法系(論述)の記事参照),被告としては,政教分離は、信教の自由をよりよく保障するための手段にすぎないから、信教の自由が保障されている限り、政教分離は柔軟に解するべきであると主張した上で「宗教的活動」の解釈の基準として,判例の目的・効果基準を挙げて,これを緩やかに適用し,それゆえ違憲ではないことを主張する(前同)ことになります。
このような当事者の主張が出れば,論点がどこに設定されたか(問題提起)が明らかになるので,私見で「憲法20条3項に違反するか問題となる。」と書く必要はありませんよね。

次に,最高裁平成8年3月8日第二小法廷判決(民集50巻3号469頁)(剣道受講拒否事件)も同様に,「信教の自由」と「政教分離」との関係をどのように把握するかが一大問題になりますが,これについても先ほどと同様に,原告と被告とで理解の違いを示すことで,論点が設定されることになります。
信教の自由と政教分離の問題については,
平成10年度旧司法試験憲法第1問
「公立A高校で文化祭を開催するにあたり、生徒から研究発表を募ったところ、キリスト教のある宗派を信仰している生徒Xらが、その宗派の成立と発展に関する研究発表を行いたいと応募した。これに対して、校長Yは、学校行事で特定の宗教に関する宗教活動を支援することは、公立学校における宗教的中立性の原則に違反することになるという理由で、Xらの研究発表を認めなかった。右の事例におけるYの措置について、憲法上の問題点を指摘して論ぜよ。」
が大変勉強になります。
LIVE本(憲法,棟居快行教授)を参照することができる場合には,是非その解説を読まれることをおすすめします。

また,平成4年度旧司法試験憲法第1問
「A市は、市営汚水処理場建設について地元住民の理解を得るために、建設予定地区にあって、四季の祭を通じて鎮守様として親しまれ、地元住民多数が氏子となっている神社(宗教法人)境内の社殿に通じる未舗装の参道を、2倍に拡幅して舗装し、工事費用として100万円を支出した。なお、この神社の社殿に隣接する社務所は、平素から地区住民の集会場としても使用されていた。A市の右の措置について、憲法上の問題点を挙げて論ぜよ。」
については,宍戸先生の連載で取り上げられて解説されていたと思いますので,こちらも読まれることをおすすめします。

なお,「いわゆる「問題提起」を答案の冒頭に書くのは、上のようにある論点がなぜ・どのように事案の結論を左右するのかを示すためですから、考えて書いてください。」という某先生の指摘部分は,他の科目ではとても大切な視点です。この点については,当ブログの各記事や回答で触れており,すでにお読みかと思いますので割愛させていただきます。

後段のご質問について,「我妻・有泉コンメンタール民法―総則・物権・債権(旧版の方です)」の記述を例にとると,
まず,当該契約が双務契約であることを示し,
「双務契約とは、契約の双方の当事者が対価的意義を有する債務を負担する契約である…。この双方の当事者の負担する債務は、互いに一方がその債務を負担すればこそ、他方もまたその債務を負担するという関係…に立つものである。したがって、」(p950)と書き,
「一方の債務が債務者の責めに帰することのできない事由によって履行不能となり消滅するときは…、他方の債務もまた原則として消滅する」関係がある(p951の(3))と繋げて,
その上で,例外としての危険負担制度(条文の適用があるか)を論ずればいいと思います。
上の例に沿って書くと,多少論述が冗長になるので,もっとコンパクトに書いていく必要があるとは思いますが,典型的な論点が問われたときには,すぐに④の論述を始めたくなる気持ちを抑えて,一度原則に立ち返って書いていく(考えていく)ことが大切だと思います。適宜コンパクトにしていくことは,後からでもできると思いますので,日々の問題演習等では,書き方(考え方)を身につけることを意識して,基本から丁寧に考える練習をするといいと思います。

ありがとうございます

とかても親切に回答いただきありがとうございます。とてもわかりやすいです。公開していただいて結構ですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>管理人のみ閲覧できますさん

ご質問ありがとうございます。

Q:「謀議に参加したXについても,Yとともに「二人以上共同して犯罪を実行した」(刑法60条)ものとして,正犯としての罪責を負わないか。」という問題として,

相互利用・補充関係説からは,
A1:「検討するに,同条が共同正犯の一部実行全部責任を定めたのは,共同正犯者の間に相互・利用補充関係が認められるからである。そうだとすれば,①二人以上の者が犯意を相互に認識した上,②相手の行為を相互に利用・補充しあう意思を持って犯罪を遂行する旨の合意をし,③その合意に基づいて実行行為が行われた場合には,実行行為を行っていない者についても,「二人以上共同して犯罪を実行した」ものとして,共同正犯としての罪責を負うと解すべきである。」
というように書けると思います。

私は,共犯関係の論点を因果的共犯論から統一的に処理したかったので,
A2:「検討するに,共犯の処罰根拠が犯罪の結果に対する物理的・心理的な因果的寄与にあることからすれば,共同正犯における一部実行全部責任の法理の根拠は,犯罪の結果に対する重大な因果的寄与に求められる。そうだとすれば,行為者が実質的に正犯者として処罰するに足りるだけの重要な役割を果たし,犯罪の結果に対する重大な因果的寄与が認められる場合には,(実行行為の一部を行っていなくとも,)共同正犯としての罪責を負うと解すべきである。具体的には,①謀議への関与の程度,②役割分担,③実行者との関係,④結果への寄与の程度,⑤正犯意思の有無,⑥犯罪実現による利益分配の各観点から検討する。」
というような論証をしていました。

No title

凶暴共同正犯について回答ありがとうございます。とても参考になりました。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士(63期)。いわゆる大手渉外法律事務所で働いています。

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。