スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

司法修習修了日(二回試験合格発表)

二回試験,無事合格していました

明日には弁護士登録され,近々バッヂも受け取ることができるようです。
ようやくここまで来ることができたかと思うと嬉しいです

現地に確認しにくる人は少ないだろうと思っていたのですが,掲示板の前はかなりの人だかりでした。
不合格者を発表するという形式は,本当に心臓に悪いですね・・・
全体の合格率は95%程度(不合格者90名)だと思います

早速,関係各所への連絡,あいさつ回りをしなくては。
新居探し等もあるので,12月の後半は忙しくなりそうです

本当にホッとしました

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>管理人のみ閲覧できますさん

 38条の趣旨は,請求が相互に関連し,攻撃防御方法や証拠等を共通する訴訟について共同訴訟を成立させることによって,審理の重複を避けつつ実効的な紛争解決を図ることにあるので,当該原告の請求相互に当該趣旨に沿った関連性がある場合に要件が満たされると解されます。
 また,38条後段の場合は併合請求の裁判籍を使うことはできず(7条ただし書),原告が共同訴訟の審理を求めるためには,いずれの請求についても,訴えを提起しようとする裁判所に裁判籍があることが前提になることからすれば,仮に共同訴訟とならなくても,原告としては当該被告に対し,同一裁判所における別訴による請求をすることが可能なわけです。
 そうすると,38条後段の主観的併合要件を欠くとの被告による異議は,「全く無関係の訴訟にもかかわらず併合審理を強制された」ことのみが理由になるはずです(その不利益・利害が調整されればよいということです。)。
 それゆえ,「訴訟の目的である権利又は義務が同種であって事実上及び法律上同種の原因に基づくとき」という要件については,原告の請求を共同訴訟とする実益があるのか,すなわち,38条の趣旨に沿って,(1)請求相互に攻撃防御方法や証拠等が共通し,(2)共同訴訟を成立させることによって,審理の重複を避けつつ実効的な紛争解決を図ることができるものであって,関連性が認められるかという視点から検討することが必要だと思います。
 そうすると,「同種かどうか」については,上記(1)及び(2)の基準,並びに,契約の性質及び権利・義務の状況に照らして判断すればよいということになるのではないでしょうか。

合格おめでとうございます!

修習お疲れ様でした!
新63期の方々は、合格率が良く、優秀ですね!私たちも続けるよう、修習でたくさんの事を学んでいきたいと思います。
また、修習に関する記事もたくさんアップしていただき、ありがとうございます!Bだけでなく、JJやP志望者向けの情報もあって、内容の詳細さだけでなく、ピックアップするテーマのバランスの良さに、改めてmasoさんの素晴らしさを感じました( ´ ω ` )新司の受験時と同じように、さっそく全部印刷して持ち歩いています!
これから始まるmasoさんの弁護士人生が、充実した良いものとなりますように。masoさんの今後のご健康とご活躍をお祈りしています!

No title

>miyabiさん

コメントありがとうございます。
ブログ拝見させていただいています。部長との会話シリーズを読ませていただく度に,裁判官室でのやりとりが思い起こされて,懐かしい気持ちになります。修習を無事に終えられて,検察官としてご活躍されることを祈っています。修習は,まだまだこれから楽しいことが目白押しだと思います。
楽しんで,そして頑張ってください!私も頑張ります。

おめでとうございます!

Blog続けていただけると嬉しいです。
今後のご活躍お祈りしてます。

No title

>red_crayonさん

コメントありがとうございます。
今年はred_crayonさんにとって,飛躍の年になりましたね!
修習楽しんでおられるでしょうか。
またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。

おめでとうございます

私は2010年11月 司法修習試験の試験監督をやりました。
いろいろ試験監督の仕事をしますが、この試験が、どの仕事よりも私達にとっても厳しく、あらゆる制限やルールがあり、どの仕事よりも緊張し疲れるものです。
修習生の皆さんの集中力には、ただただ脱帽です。
皆さんの一生懸命な姿をみているので、自分の受け持った教室の皆さん全員が合格して欲しいと、毎日願っていました。
あなたがどこの教室で試験を受けたのか、どんな人かわかりませんが、きっときっと素敵な人なんだろうな。頑張って素晴らしい弁護士さんになって下さいね。

No title

>MINAMIさん

コメントありがとうございます。
二回試験の試験監督の方からコメントをいただくことがあるとは思ってもみなかったので、驚きました。
試験期間中は、この試験を突破して自分は弁護士になるのだという強い思いを持って臨みました。その思いがあったからこそ、最後まで集中力を切らさずに司法修習生考試を乗り切ることができたと思っています。
これからも信頼を得られる弁護士になるべく、日々精進して参ります。
どうもありがとうございました。
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士(63期)。いわゆる大手渉外法律事務所で働いています。

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。