スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起案対策の付録(民事系科目起案・民事弁護)

2 民事弁護

 (1)何を勉強すればよいか

集合修習開始時に配布される「(最終)準備書面起案の基礎」は,熟読必須です。要件事実についての知識・理解は民裁対策と被ります。民事弁護起案では,民裁ほど複雑なブロックダイアグラム構築が要求されることはないので,民裁の勉強が民弁の勉強にもなります。したがって,民裁で挙げた「完全講義 民事裁判実務の基礎―訴訟物・要件事実・事実認定」(大島眞一・民事法研究会)を読んでおけば十分です。民法の知識について補充しておく点も民裁と同様です。民弁固有の対策としては,集合修習中の講義内容の復習が大切です。各講義ごとにプリントが配られますので,試験前には熟読しておきましょう。さらに,小問対策として,民事執行・保全の基本的なところの知識・理解が重要になってきます。民事執行・民事保全の各白表紙と各法律・規則の条文を何回か読んでおくとよいと思います。

 (2)起案のポイント

【検討手順】
①原告・被告どちらについて書くのかをチェックする。
②ブロック作成,認否確認。
③手控え作成(証拠番号,ページ数,尋問事項の箇所をメモっておく。)

【注意事項】
※「訴訟物←法律構成(大前提)←要件事実(小前提)←証拠・間接事実(あてはめ)
という図式を守って書いていく。自分に主張立証責任のあるところは,必ず法的三段論法の流れで論述する。いきなり事実から書かない。
※各項目の内容を端的にあらわす見出しや小見出しを必ずつける(見出し自体に配点されているため)
※条文,事実,証拠,具体性,豊富に。
※事実はすべて,請求原因,抗弁・・・に位置付けて書くこと。
 証拠を見たら準備書面に戻り,主張との位置づけを手控えにメモすること。
※当事者としての文章を書く=文章の結語に,「認められる」,「推認される」等,裁判起案のものを使ってはならない。
ex.「~明らかである。~疑いがない。~と考えるほかない。~である。~はずである。」等,断定的に言い切る。
※「前述のとおり」,「後述する」は原則禁止。
  やるなら,引用箇所を明示する。

【書式】

第1 当事者(原告/被告)の主張の骨子
  ※攻撃・防御方法の仕組みを説明しつつ,枠組みを呈示する。
第2  見出し
 1  見出し
(1) 見出し
  ・・・・(略)
第〇 結論
   よって,


theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。