スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回新司法試験

みなさん,お久しぶりです。

N氏から是非ブログに自分からのメッセージを掲載してほしいという申し入れがありました。
前日にアップするということもあり,今年受験される方が目にすることはないかもしれませんが,私も記事を書かせていただくことにしました。

【maso】

いよいよですね。

受験勉強を本格的に始めてからこれまで,それぞれの苦労があったことと思います。

ロースクールや模試の成績がどれだけよくても,根底にある不安を拭い去ってはくれなかったでしょう。
本番が近づくにつれて,本当に大丈夫だろうか…,もし失敗したら…と弱気な自分が首をもたげてきて,胸が締め付けられるような苦しさを感じることもあったかもしれません。
自分は大丈夫だろうと思っていても,うまくいかなかったときのリスクを考えると怖くて,逃げ出したくなる気持ちになるかもしれません。

けれど,もう少しです。あと少しだけ頑張ってください。
最後まで諦めずに問題に向き合ってください。

時間が足りなくなることもあるでしょう。見たことも考えたこともない難問に悩むこともあるでしょう。周りで滑らかにペンを走らせる受験生に焦ることもあると思います。

司法試験では皆さんが知識として直接には知らない,これまで考えたことのないところが必ず聞かれます。そのような問題を前にしたとき,動揺しないでください。
たとえ胸が高鳴って,手に汗を握っても,頭だけは冷静でいてください。
自分の中に根付いた確固たる基本的知識を元に,問題を解きほぐしてやればよいのです。

原則から素直に考えたらどうなるかを,当たり前のところから1つ1つ論理に従って丁寧に書いていくのです。それがすべてです。聞かれているのは最新判例の知識でも先鋭的な学説の理解でもありません。

受験生のみなさんが,自分の力を出し切れますように。
応援しています。


試験期間中,不安で仕方がなくなったときは,これまでやってきたことを思い出しましょう。
あれだけやったのだから大丈夫です。
その自信と勇気が合格への道を切り開きます。

必ずや合格をつかみ取ってきてください!

がんばれ

【N氏】

お久しぶりです。N氏です。

いよいよ第6回新司法試験が,5月11日からはじまります。

今年度受験する方々は,みなさん不安だとおもいます。
今年は,択一が最終日に行われたりや大大問がなくなるなどの形式的な変化もありますから,なおさらだと思います。

私も,去年の今は,この5日間で人生が決まる,と思ってしまっていたのもあり,不安でたまらなかったのを思い出します。
でも,同時に,不安になることはいいことだとも思っていました。
なぜなら,不安になるのは,自分が受かると思えるくらい十分に勉強をしたからです。

よくよく考えれば,少なくとも2年以上かけて目標にしている試験,計画を立てて1日1日を大切にして一生懸命
合格するために勉強した試験をいざ受けようとしているのですから,不安にならないのはおかしいと思います。
不安になることは合格の予兆です。
不安になることを恐れずに,試験に臨んでください。

試験が始まれば,自分だけが頼りです。自分のやってきたことを信じて下さい。
私は,大丈夫,大丈夫,と言い聞かせて受験していました。笑

あせらず問題を読んで,自分の知識と照らし合わせて問題点を指摘して,自分の言葉で論じて,解答して下さい。
きっと大丈夫です。

masoブロを読んでくださった方が,試験で実力を出し切り,夢を掴むことを祈っています。
頑張ってください

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【第6回新司法試験】

みなさん,お久しぶりです。N氏から是非ブログに自分からのメッセージを掲載してほしいという申し入れがあ

comment

管理者にだけ表示を許可する

突然の質問お許しください

はじめまして

私は大学2回生で来年の予備試験を目指しています。
質問なのですが、現在予備校のインプットの授業を聞き終わったところで、これから論文の勉強を本格的に始めるに当たって、予備校本を通読するのか、基本書を通読するのかで迷っています。

予備校本のをメインにおいて、記述が分かりにくいところなどを基本書で確認する勉強方法ではやはり、論文試験には対処できないでしょうか?

No title

aceさん

ご質問ありがとうございます。

2年前の合格者の話に過ぎませんので、そのあたりを差し引いてお読み下さいね。

結論から言うと、使いようだと思います。

論文試験に合格にするには、一定量の基礎知識とその正確な理解をベースとした上で、法解釈の作法(考え方)を身に付けることが必須です。後者は、予前提となる法律関係を1つ1つ筋道を立てて論理的に考えた上で、事案との関係で解釈が問題となる条文・法制度について、原理、原則、基本判例等から演繹して、規範を立て、当該事案における具体的事実を正しくあてはめてていくことのできる力です。これは、主に問題演習を通して身に付けていくものですので、基本書や予備校本は前者の「一定量の基礎知識とその正確な理解」を習得するために読むものといえます。

予備校本の記載は、つまるところ、複数の基本書の記述が合わさったものか、参考となる学術論文や解説等の記述を平易な言葉で記載したものです。したがって、基本書をメインにするか予備校本をメインにするかは、論文試験突破のために必要な知識の習得という面からみれば大した違いではないと考えられます。

私が受験時代に基本書をメインに据えていたのは主に以下の3つの理由からでした。

1つ目は、内容の信頼性です。すなわち、定評のある基本書であれば、記載に誤りのある可能性が無視できる程度に低いと考えられることです。特に第一線の学者・実務家によって書かれた版を重ねた基本書であれば、その確率は高まります。予備校本は、種々の情報がコンパクトかつ網羅的にまとめられているという点において基本書よりも優れていますが、該当箇所について基本書等から抜き出す際に、記載内容や前後の記述との関係を精査・吟味することなく漫然とコピー&ペーストしたようなものや、明らかに理解が誤っている(と思われる)ものが見られます。私は、実際に著者本人により年月をかけて考え抜いて書かれた一連の文章と、それを読んだ他人(合格者等)がまとめたものとでは、前者に信頼を置くのが合理的だと考えていました。

2つ目は、メリハリです。定評のある基本書に記載がない事柄については、大多数の受験生も知らないと考えて問題ないということです。試験問題を作成する立場から考えたとき、一般的な基本書に記載があるかどうかにより、基本として出題するか応用として出題するかが分かれると思われるからです。そうであるとすれば、基本書の記載を超える部分については臆することなく未知の問題として取り組めばよいということになります。

3つ目は、基本書を読む最大の目的は、各法律・制度を理解するためと考えていたことと関わります。私にとっては基本書の記述の方が遥かに理解が進みました。一方で、予備校本を含むその他の資料(類似制度の相違点ををまとめた図表等)は、「結論」を網羅的にまとめるという点では優れているので、基本書で理解を固めた上でその理解を確認するために補助的に使う方が理にかなっていると思ったのです。

以上の理由から私は基本書をメインにしたのですが、他方で、短期間での合格を目指す場合、合格に必要な知識という観点から選別された情報が記載されている予備校本を軸にして、そこに必要な情報を加えてカスタマイズしていく方が効率的かもしれません。コンパクトに集約されたものを徹底的に繰り返すという方法です。予備校の講義等でテキストを使う場合、講義の内容を書き込んで繰り返しブラッシュアップして一元化していく方法も十分アリだと思います。

結局、知識・理解の習得のための教材として何を使うかはそれほど大きな問題ではないのです。
どう使うかの方が圧倒的に重要です。読んでいて良く分からないところ、疑問に思ったところを放っておかないことが大切です。文章を読んでいく中で出てくる「え?何でそうなるの?」「どうして?」「ほんとに?」という気持ちを大切にしてください。よく分からないから丸ごと覚えるというではいけません。少しでも分からないところがあれば、徹底的に調べて、しっかりと理解することを意識してください。書かれていることを鵜呑みにしないで、記載の意味を丁寧に考えてみてください。その過程を経て初めて、「解った」という感覚を手に入れることができると思います。

基本書、予備校本のいずれをメインにするにせよ、なぜその方法を取るのか、ご自身の中で納得のいく理由を持ち、ブレない軸を作ることが大切です。そうでないと、知らず知らずのうちに周囲の不必要な情報に影響されて、自分の選択した方法に自信が持てなくなってしまうからです。

aceさんがご自身の勉強方法を確立されて、来年の予備試験の合格されることを願っています。

頑張ってください!

突然ですが・・・

ロースクールを受験中の者です。
勉強方法等とても参考になるブログでしたので,私のブログでリンクを貼らせていただきました。
リンク等に問題などございましたら,早急に対応させていただきますので,お知らせいただければと思います。

今後とも,masoさんのブログを参考にしつつ,精進してまいりたいと思います。

No title

受かりました~。昔「剣が峰」と名乗っていたものです。
とにかくmasoさん及びmasoさんの友人に感謝です。
勉強の方向性が分からなくなったとき、このブログが非常に役立ちました。また、質問に対しても丁寧に答えていただき非常に参考になりました。
ブログを読むなかでmasoさんとの能力差に愕然とすることもありましたが(笑)。本当にありがとうございました。
お忙しいと思いますが、修習に関してここで質問してもいいでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>Masayukiさん

ご丁寧にご連絡いただきありがとうございました。
リンクについては全く問題ありません。

更新は終えておりますが,このブログの記事がMasayukiさんにとって何かヒントを与えることができれば幸いです。

No title

>剣が峰さん

おめでとうございます!
以前は多くのご質問をお寄せいただきありがとうございました。
修習を楽しんくださいね!
修習に関してのご質問があれば,コメント欄に記載していただければと思います。

No title

>管理人のみ閲覧できますさん

おめでとうございます。

そのように言っていただけるととても嬉しいです。
ブログは定期的に見ています。

修習でも多くを吸収して、魅力ある法曹になってくださいね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>管理人のみ閲覧できますさん

見事1回目の受験での突破、おめでとうございます!
暖かいお言葉をありがとうございます。
以前にいただいたメッセージには私も励まされました。
ありがとうございます。

法曹としてのご活躍、期待しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>管理人のみ閲覧できますさん

コメントありがとうございます。

合格おめでとうございます!
素晴らしい成績で合格されたとのこと、本当に良かったですね!

ブログを読んでくださった方から合格のご報告をいただけると、とても嬉しいです。
修習でも更に磨きをかけて、素敵な法曹になってください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>管理人のみ閲覧できますさん

コメントありがとうございました!
ご丁寧にありがとうございます。
リンクの件、全く問題ありません。

No title

はじめまして、今年の司法試験合格することができました!
ロー入試・新司法試験と勉強で困ったさいによく参考にさせいていただいたので、結果をご報告したくコメントさせていただきました。masoさん及びNさんには及ばないものの、ブログを通じて受けたご恩を今後私も後輩に還元していければと思っています。
本当にありがとうございました。

No title

>ronhonさん

司法試験合格おめでとうございます!
ご丁寧なコメントをありがとうございました。

奉仕の精神を忘れず、素敵な法曹になってくださいね。

合格しました!

masoさん!2012年度司法試験に合格することができました!私は、2011年秋ごろ、何度も択一勉強方法を中心に、ここでmasoさんに質問させて頂いていました。そのたびにmasoさんが親身になってご回答して下さり、とっても助かりました。
masoさんの記事やアドバイスを参考にさせて頂いた結果、2011年度内に択一の成績は上位10%に入るところまで安定し、年明けから本番までの間も、上位30%より下の成績をとることはありませんでした。実は、1回目の受験では択一で失敗していたので、択一をどう勉強したらいいのか手探りを繰り返ししんどい思いをしました。そんなときmasoさんのブログがとても頼りになりました。論文の勉強にも着実につながる勉強方法を身につけることができたと思います。
ありがとうございました。

No title

>さーちさん

合格おめでとうございます!
本当に良かったですね!

さーちさんからは何度かご質問をいただき大変真摯に対策されておられるようでしたので、合格されるだろうとは思っておりましたが大変嬉しく思います。司法修習でも多くを吸収していってくださいね。
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士(63期)。いわゆる大手渉外法律事務所で働いています。

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。