FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【米国ロースクール留学/LL.M.プログラムとは】

米国LL.M.留学の情報についても聞かれることが多いので、米国ロースクール(LLM)の出願プロセスについてまとめておきます共通する情報を記載していますが、国内の大手法律事務所勤務の弁護士が留学する場合を念頭に置いていますので、企業から留学される方にとっては多少違いが出てくるかも知れません。

第1 LL.M.プログラムとは

米国でロースクールに入学する場合、通常、J.D.(Juris Doctor)プログラムに入学して3年間学びます。J.D.の1年目は基本法の必修科目を中心に学び、2年目以降に選択科目や実務的な科目の比率が増えていきます。これに対して、LL.M.(Master of Lawsのラテン語表記を訳した学位名)プログラムは、米国外で法学教育を受け、一定の法的実務経験がある者を主たる対象として、通常1年間のプログラムとして設定されています。したがって、LL.M.プログラムの留学生は、米国外で法学教育を受けた法律実務家が中心となり、国際色豊かな顔ぶれとなります。LL.M.の学生はJ.D.の学生に交じって、個々の興味応じて選択科目の授業(通常はJ.D.2年目以降の科目)を受講することになります。LL.M.の学生のみを対象としたクラスもありますが、殆どはJ.D.の学生と共通です。

LL.M.プログラムでは、米国法一般を対象とするGeneralなコースを中心として、専攻プログラム(specialization/concentration)を設けているケースも多くみられ、専攻プログラムの場合には一定の科目が必修科目となります。有名なプログラムとして、NYUの税法専攻プログラム(LL.M. in Taxation)があり、米国内のJ.D.卒業生が税法を専門とするために入学するケースも見られます。その他、ビジネススクールのCertificateを取得できるプログラムもあります。有名なところではUniversity of PennsylvaniaのWharton Business and Law Certificateなどがあります。

米国ロースクールでの授業(クラス)は、様々スタイルで行われます。事前にシラバスで特定されていると思いますので授業登録の際に確認することが可能です。一般的にイメージされるように、全てがソクラテス・メソッド/コールド・コール方式(早々にSheeting Chartが作成され席が固定され、予習してきていることを前提に教授がランダムに指名して答える)わけではありません。その他にも、ソクラテス・メソッド/voluntary方式(双方向授業だが発言者は挙手した者の中から指名)、パネル方式(当該授業で指名される学生のグループが事前に指定される。例えばLast NameがA~Dから始まる人など。グループの規模はクラスによる)、レクチャー方式(日本の大学で多く見られる講義スタイル)などがあります。クラスのほかにもセミナー/ゼミ(日本の学部・大学院・ロースクールのゼミに近いがより少人数)やクリニック(少人数での実務的授業)を受講することが可能です。その他のプロフェッショナルスクール(行政・公共大学院、経営大学院等)と単位互換システムを採用している場合もあり、授業選択の幅は非常に広いです。

成績評価の方法については、発言点が加味される授業が多いことが特徴です。最終試験は、ペーパー/レポートが課される場合、プレゼンテーションである場合、論述試験のみの場合など様々であり、これらのうち複数が併課される場合もあります。論述試験の場合、米国ロースクールの特徴は主に二点です。一点目は、J.D.1年目の基礎科目を除いて、多くのクラスで教科書・ノートの試験場への持ち込み・参照が許可されるということです(オープン・ブック方式)。日本でよくみられる参照不可の試験(クローズド・ブック方式)は少数です。ただし、オープン・ブック方式であっても、実際に試験時間内に読む暇はありませんので、あくまで記憶の正確性を確かめるためだけに用いることになります。二点目は、論述試験は各自のPCにインストールした試験用論述ソフトを用いて行うということです。日本では手書きの試験が主流だと思いますので、英文タイピングに慣れていない人は多少の練習を要するかもしれません。
関連記事

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

tag : #LLM #ロースクール #留学 #NY Bar #ニューヨーク州司法試験

comment

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士(日本・米国NY州)

主要な記事は「目次」(リンク済)からご覧くださいニコニコマーク

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
maso on Twitter
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。