スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生のお話、他の合格者の話

まずは、昨日の懇親会での先生のお話。
簡潔にいうと、

1 (旧司・新司の)採点をしていて、「合格者の上の1~2割と不合格者の下の1~2割の結果は確定。その他の6割くらいの人は調子によって合格・不合格が分かれる」というような印象を持った。
2 旧司にせよ新司にせよ、小難しい話をしている答案があるが、そういうことじゃない。極めて基本的なことを聞いているのに、なんでそんな小難しい話をするのかわからない。
3 (任官には)司法試験の成績は関係ないらしい。修習の出来による。二回試験についても必ずしもパーフェクトな出来でなくともよい。
とのこと。

続いて、他の合格者のお話。
特に今年は憲法と刑法が難しかったよねという話でもりあがった。

いろいろと話を聞いて、やっぱりみんな堅実な勉強をしているなあと思いました。
とくに、上位で合格している人の話を聞くと、みんな条文・判例といった基本を本当に大切にして勉強しています。友人の中には、刑事系一ケタ順位の猛者(純粋未修)もいました。
(約3990番差か・・・・がっくり
どんな感じで書いたの?と聞いたところ、刑訴から解いて、2時間15分。刑法は苦手だったし、問題を読んでこれは激ムズ・・と思った。時間もなかったし、とにかく基本だけは正確に書いた。正直手ごたえはまったくなかった、とのこと。さらに選択科目も一ケタってすごすぎ汗

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士(63期)。いわゆる大手渉外法律事務所で働いています。

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。