スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書き手と読み手

ここ数日は,研修所と日弁連の課題をやったり,引っ越しの準備をしたりばたばたしていたので,ブログ更新がなかなかできず,滞り気味でした汗

今日は,友人の答案(会社法&民訴)にコメントを付けたものを渡すために,ローに行ってきました。おそらくこれで修習前最後の登校になりそうです。ついでに,判例六法プロフェッショナルを購入♪
大型の六法はいまだかつて使ったことがないので,なんか嬉しいです。水色判例六法の方は,去年の紫判例六法と比べて薄くなってますね電球友人いわく開きやすくもなったとか。

 答案について,やはりナンバリングと見出しがしっかりしていると,同じことを書いていても格段に読みやすくなりますね。小見出しでこれから書く内容の表題を示してやると,読んでいる側にとっては,書き手が考えた答案構成が良く理解できて有益です。
 自分の思考過程がうまく伝わるように心がけて,書く順番をよく考えて書いてある(と思われる)答案と,そうでない(と思われる)答案では,読み手への説得力に大きな差が生じます。
 その意味で,以前の記事「再現答案をみるとき」で引用した,某先生のコメントはその通りであると感じます。
読みやすく,かつ評価される答案とするためには,何を書いたかも(中心的部分を外さないで書くという意味で)一定程度重要ではあるものの,それよりも,どう事案を分析してどう書いたかという点がかなり重要なんだと思います。

 ところで,答案を書くにあたって,「ここは分かってもらえるだろう」「法律を分かっている人が読むのだから省いてもいいな」という発想は大変危険です。
 実際に答案を書いていると,頭の中で勝手に処理してしまい,それで納得して,論理をはしょって応用部分や結論部分だけを書いてしまうことが多々あると思います。ひどい場合には,そこは問題にならないと勝手に思いこんであさってのことを書いてしまうこともあります。
 この場合,たしかに,書き手は,頭の中では基本部分も含めて考えて結論を出しているのでしょうが,読み手にはそれは分かりません。
※このような状態に陥った書き手が,その場で自分の論述を見返してみても,勝手に頭で論理を補って読んでしまうため,よほど注意深くみない限り,自分の文章に論理の飛躍が生じていることに気づけません。

 読み手をして,おそらくここについては書き手はちゃんと分かって書いているんだろうな,などという善意解釈をしてもらえると期待するのは危険です。むしろ,基本部分が省略されていたり,論理の飛躍が多い答案については,法律答案の基礎がちゃんと分かっていないんじゃないのか?と誤解されてひどい点をつけられるおそれがあります。
 答案1通当たりにかけられる採点時間はかなり短いと考えられますし,採点官が答案を読んでいて疑問に思ったところについて受験生に釈明を求めることもありません。疑問を持たれ,この人の言っていることはよく分からないと思われれば,マイナス評価につながります。
 この試験の性質上,書面から短時間で読みとられるものだけによって,その受験生の実力が計られます。ですから,答案の理想形としては,「シンプルで,かつ問いにダイレクトに答え,思考過程が一読了解であるもの」を目指すべきです。最初から最後まで通して,採点官の赤ペンを止めさせずに,すらすら読ませる答案といってもいいかもしれません。良く良く読めば書き手の意図が分かる答案を書いたとしても,そのような答案は誤解されるおそれをはらんでいる点で危ないと思います。

 自分としてはできたと思っていたのに,客観的評価がいまいちだったとき,自分はここの論述をこういうつもりで書いたのに,それを無視して低い評価をつけるなんて,あの採点者は全然分かってない,実力不足の採点者にあたって運が悪かった・・というような考えをしがちですが,その場合,採点者の力量不足以上に,提出した答案に問題がある可能性の方が大きいと思います。
 そこで,いま一度,本当に自分の書いた答案は,全くの第三者の読み手が読んでも考えが伝わるものになっているかどうかを検証してみるとよいと思います。
 具体的な検証方法としては,実際に誰かに自分の答案を声に出して読んでもらったり(自分で読むと,先述したように勝手に論理をおぎなってしまう可能性があるから×。),日にちをおいて客観的に見返してみたり,友人に見せてみたりするなどの方法が考えられます。

 論述の際の意識としては,書き手の意図は,自身が思っているほど読み手には伝わらないものだと考えて,はじめは自分としては少々くどすぎると感じるくらいで書くとちょうど良いかなと思います。
 それで何回か練習してみて,実際に誰かに読んでもらって,この程度書けばあるいはこう書けば上手く伝わるのだなという感覚を体得することが重要かと思います。

 以上のとおり,答案を書くにあたっては,書き手と読み手のズレ(書き手は,①考えて+②書くというプロセスを経るのに対して,読み手は,提出された②の部分を読むだけであるため,①については②に顕れた範囲でしか分からないものなのだということ)が生ずることを強く意識しておく必要があります。自分の考えたことが読み手にダイレクトに伝わるように,論理の飛躍なしに文章化するということは想像以上に難しいものです。注意して書いていかないと,すぐに頭の中で論理を補って論述を省略してしまいがちです。

 今回の記事は,私が合格から現在に至るまで,いろいろな方の答案を見せてもらう中で,この人なら,ここは分かっているはずなのに,あるいは書けないはずはないのになぜ書いていないのか,と思うことが多かったことから,書き手と読み手の間には,ズレがあるのだということを意識していない(あるいは頭では分かっていても実践できていない)人が多いのではないかと思って書きました。
 どうやったら,必要十分な内容を保ったままコンパクトに自分の考えを文章に乗せて伝えられるかという観点から,答案の書き方をとことん追求してみることが必要だと思います。

theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

「この試験の性質上,書面から短時間で読みとられるものだけによって,その受験生の実力が計られます」

知識があり、すごく勉強されている方が、ローの試験または司法試験でいまいち伸び悩む理由はここにあるのでしょうか?

そもそも私はまだ本試験を受けたことがなくよく分からないのですが、知識があるのに落ちる、または、現役生のほうが浪人生より勉強時間が足りないにもかかわらず合格率がいいのはなぜでしょうか?
大学受験では勉強量と結果が比例するが、司法試験においてはあてはまらない理由とでもいえばいいのですかね。

これに対するmasoさんの考えを教えてください。

No title

uekiさん

コメントありがとうございます。

下記の記載事項は,すべて私の浅い経験と推測に基づく考えですから,どれほどの意味があるか分かりませんが,ご質問に答えさせていただきます。

知識があって,すごく勉強している人がローの定期試験や司法試験で伸び悩むことがあるとすれば,それはやはり,勝負を決するのが論述試験であることによると思います。

短答の解答への過程は,
①「判例の趣旨に照らして誤っているものはどれか」とか「正しいものには1を,誤っているものには2を」といった,ダイレクトで分かりやすく,誤読を生じる可能性のない問いを読んで,
②選択肢を見た後,頭の中の知識・理解と結び付けて正解を考え,
③マークシートの該当箇所を鉛筆で塗りつぶすことによって,自分の知識・理解を表現する
というものです。
そうすると,①問いの意味を理解したり,③マークシートを塗りつぶす点では差がつきませんから,②の過程における正確な知識を持っているかどうかという点で,他者と差がつくこととなります。
また,肢の中に必ず正解があり,それを読んだ上で正誤判定をすればよい,という点でも後述の論文試験とは異なります。
ちゃんとしたデータを見たことがないので,推測ですが,おそらく短答だけでみると,全体としては,単純にトータルの勉強時間が多い浪人生の方が現役生より合格率がいいのではないかと思います。

これに対して,論文の解答への過程は,
①問題文の事実関係を分析し,形式的な設問を通して何を聞こうとする問題なのか(出題者の意図)を見きわめる,
②内容として何を書くかを決める(知識・理解),
③実際に自分の思考過程が採点者に分かるように,どう書いていくかを決め,順序立った文章として書く
というものです。ここでは,短答では差がつきようがなかった,①問いの理解と③知識理解の表現叙述の巧拙でも大いに差がつきうることになります。
たしかに②の点では,短答と共通するところがありますが,そこは短答通過者ならば誰でも知っているようなことが聞かれることがほとんどであり,知識・理解の正確性という点を除いて,ほとんど差がつきませんから,短答では問題とならなかった①の面と③の面の出来が,評価にもろに影響してくることになるのです。
また,④短答では知らない分からない問いは適当にマークして飛ばすことも可能ですが,論文ではそうはいきません。考えたこともない問いであっても逃げずに解答しなければなりません。

そうすると,たとえ単純な勉強時間が長く勉強量が多くても,①と③の面を意識して鍛えることをおろそかにしたり,④考えたことのない問題にどう対処するかといった視点をおろそかにしたりして,②の面の強化だけに力を注ぎこんでいる方は,結果が伸び悩むことになると思います。
したがって,知識を直接聞かれれば,ちゃんと答えられる方であっても,「そもそもその問いが,当該知識・理解を聞いているのだということに気付けるようにする」,「文章として表現できるようにする」という点については,別途力を注いで勉強することが必要だと思います。

このように考えると,浪人生の勉強時間が現役生よりも多いということだけをもってしては,論文試験で優位と直ちにはいえないことになります。

 その上で,浪人生の方が現役生よりも論文を含めた最終合格率が低い原因としては,(1)すでに同期の合格者の層が抜けており,試験合格へ向けた方向性として正しい勉強をしていると思われる他人の方法を見たり,聞いたりしづらい,(2)学校という環境から離れることで,ゼミを組んだり,仲間と話す機会を持ちづらく,自分としてはここがダメだったと思っているところと,他人から見てこの人はここが足りないために結果がついてこないのだと見えるところが異なることについて知る機会に乏しいことが挙げられると思います。
 試験合格という観点から自分の勉強方法のどこがまずかったのかを他人に指摘してもらう機会を持つことが難しいということは,よほど改善意識を強く持って自己分析して,対策を練らないと,結局何らの改善もされないまま翌年も受けるということになりかねないのではないかと思います。

 精神的な面でいうと,試験突破に向けて皆が勉強していることを意識する環境を得づらいこと等が影響しているのだと思います。たしかに予備校の講座や模試を受講すれば,多少は意識できるかもしれませんが,やはりローに通う中で同期の全体が試験に向かって勉強している状況を日々肌で感じられる環境とは異なると思われます。さらには,受験から発表までの間のブランク,不合格になってしまったことからくるモチベーション低下等々,諸要因があると思われます。

No title

司法試験においては、メンタルや環境などもろもろの面が影響している。
ということは、1回目が一番有利!!ですね!

いつもいつもお忙しい中丁寧なコメントありがとうございます。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士(63期)。いわゆる大手渉外法律事務所で働いています。

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。