スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【特別連載・科目別に気をつけるポイント・著作権法】byN氏

著作権法について。

※特別連載の説明,目次は「こちら

(1)科目特性
・条文探しゲーム。どういう条文があってどの場合に適用されるのか,を見てないと探せない。
・最高裁判所の判例はやはり数少ないからきちんと押さえる。
・簡単なところはみんなできて差がつかない。そこをコンパクトに書いて,条文や定義などを出来るだけ挙げるところで差を出す。発展的な論点は高得点を狙うには触れるべき。
・編集著作物に収録されている文献の複製など,きちんと理解しておく。
・著作権は解釈問題が多くない。条文をみつけて,検討していくことが必要。

(2)注意リスト
1 著作物性(10条該当条文を引く)→著作者→侵害行為→制限→(制限の制限)→著作者人格権の思考順序。答案に反映させるかは別問題。要件事実的思考。
  必ず2回ひっくり返るイメージを持つ。
2 侵害論の要件=①依拠性,②類似性
3 二次的著作物であるというときに,
 ① 原著作物の本質的特徴はどこか(具体的に)
 ② ①が直接感得できるか
 の2点を明記して論ずべき。
4 タイトルは必要最小限。4枚目に入るくらいでいい。書き終わらないのは最悪。
  人格権侵害と著作権侵害はタイトルをつけない。おおきく(1)は人格権,(2)は著作権とし,ア,イ,ウとどんどん積み重ねていく。
5 条文をたくさん引く。基本的なところはもちろん,勝負は細かい条文をどれだけ拾えるか。47条の9,49条,113条は必ずチェック。関係ないと思ったとしても必ず使えないかを確認する。また,18条を見たら18条2項を見るとか,そういう周辺条文も必ず目を通すこと。
6 ヒアリングでよく言われるのが,バランス。あっさりと,氏名の表示がなされておらず,氏名表示権も侵害する(19条)とか,書くことも求められる。
7 著作権法上の権利だけが問題になるわけではない。民法上の抗弁が定立する場合もあるので注意する(H19の消滅時効の抗弁)。過失もそう。
8 二次的著作物になっていても,人格権侵害があるので注意。
9 注意条文に気をつける。
 115条(原状回復),民703条,不当利得,制限規定(43条,47条の9,49条)
10 二次的著作物か共同著作物かは著作物性のところで論ずる。著作者のところはその著作物の著作権の帰属についてのみ(職務著作・映画の著作物・譲渡の有無など)検討する。
11 知っている論点を書くのではなく,問題となっている論点を書く。問題とならない論点は書かない。紙幅の関係上全部書けないから。


theme : 司法試験・資格試験・語学試験
genre : 学問・文化・芸術

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

maso

Author:maso
弁護士(63期)。いわゆる大手渉外法律事務所で働いています。

maso on Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

masoブロ カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。